Google動的検索広告(DSA)とは?メリットと設定方法を解説

 
 

この記事でわかること

  • Google動的検索広告の仕組み
  • Google動的検索広告を活用すべき状況
  • 画像付きで詳しく解説、Google動的検索広告の設定手順
谷田 朋貴

監修者プロフィール

谷田 朋貴

一橋大学卒業後、伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社、Web専業広告代理店を経て、株式会社電通デジタルに入社。アカウントプランナーとして国内の大手クライアントに対し、運用型広告を中心にデジタル全体のプロモーション施策の戦略立案・実行に従事。2023年12月、株式会社アドカルを創業。

Google広告の動的検索広告(DSA)は、サイトを設定すると、そのサイトページのコンテンツに基づいて、ユーザーの検索語句に関連した広告を自動で作成・配信してくれるメニューになります。

動的検索広告(DSA)は、広告運用の手間を削減しつつ、効果を最大化する可能性を秘めています。この記事では、DSAの全貌からその設定方法、活用法までを解説します。

記事を通して、皆さんが広告運用の知識とスキルを高め、売上拡大と事業の成長を実現される一助となれば幸いです。

動的検索広告は自動で広告を作成可能

動的検索広告(DSA)は、リスティング広告の効果を最大化できる手法です。従来の検索広告では、広告主がキーワードを設定し、各キーワードに対応する広告文を手動で設定する必要がありました。しかし、動的検索広告は広告主のサイトコンテンツをリアルタイムで解析し、ユーザーの検索語句に最も適した広告を自動で生成し表示します。

この手法により、広告主は手間を大幅に削減しながら、広告の関連性とリーチを最大化することが可能となります。

動的検索広告の仕組み

動的検索広告は、Googleの強力な検索アルゴリズムと深層学習が活用されています。広告が表示されるたびに、動的検索広告のシステムは広告主のサイトをクロールし、最新のコンテンツ情報を取得します。そして、ユーザーが検索した語句とサイトのコンテンツを照合し、最適な広告見出しと広告の遷移先となるページをリアルタイムで選択します。

設定した配信キーワードに対して、マッチする語句が検索された際に配信される通常の検索広告とは仕様が異なります。

このプロセスにより、広告の内容は常に最新の状態に保たれ、ユーザーの検索ニーズに対して最適な広告を表示することができます。

動的検索広告と通常の検索広告の違い

動的検索広告は、Googleの検索広告のメニューの一つですが、上図の通り、通常の検索広告との違いがあります。

動的検索広告は、自動で広告作成するため、カスタマイズ性は低いですが、通常の検索広告と比べて手間が少なく運用できます。

また、CPCの安いロングテールキーワード(3単語以上の掛け合わせキーワード)を拾ってくれるので、通常の検索広告と比べてCPCが低くなる傾向にあります。一方でCVRは低くなるため、CPAを見ながら調整する必要があります。

動的検索広告を特に活用すべき状況はCVにつながる新規キーワードを発掘したい時

市場は常に変動し、新たなトレンドやニーズが生まれます。動的検索広告は獲得につながる新規キーワードや検索語句を自動的に特定し、活用することを可能にします。これにより、考えもしなかったキーワードの発掘や新しい顧客層の獲得が可能となり、広告の効果をさらに拡大することができます。

リスティング広告を実施している目的がコンバージョン件数の拡大であれば、新規のキーワードを発掘してコンバージョンを積み増しするために、動的検索広告を活用しましょう。

動的検索広告(DSA)のメリットについて解説します。

キーワード選定の自動化

通常のリスティング広告の配信では、効果的なキーワードのリストアップとその選定に多大な時間とリソースが費やされます動的検索広告の最大の利点の一つは、このプロセスを自動化し、ウェブサイトから直接キーワードを抽出して広告を生成するため、工数が削減できることです。キーワード選定にかかる時間と労力を削減できます。

広告の関連性の向上

DSAは、ユーザーが検索した検索語句に基づいてリアルタイムで広告を作成するため、広告の関連性が大幅に向上します。ユーザーの意図と直接結びつく広告文とランディングページを提供することにより、クリック率(CTR)とコンバージョン率の向上に直結します。高い広告の関連性は、ユーザー体験の向上にも寄与し、ブランドの信頼性を高める効果があります。

新規キーワードの発見

繰り返しになりますが、動的検索広告は考えもしなかったキーワードの発掘や新しい顧客層の獲得が可能となり、広告の効果をさらに拡大することができます。

動的検索広告は、広告効果を大きく向上させる可能性を秘めていますが、その利用にはいくつかの注意点があります。主なデメリットを理解することで、これらの課題に対処し、動的検索広告のポテンシャルを最大限に活用することが可能となります。

広告見出しのコントロールが難しい

動的検索広告の一つの大きなデメリットは、広告見出しを完全にコントロールできないことです。ウェブサイトのコンテンツを基に自動で広告を生成するため、時にはブランドのメッセージやキャンペーンの目的に完全に合致しない広告が表示されることがあります。これは、特にブランドイメージやメッセージの統一性を重視するキャンペーンでは、大きなデメリットとなります。

意図しない検索語句に広告配信されてCPAが上昇する可能性あり

動的検索広告ではキーワードが自動で選択されるので、広告の配信を避けたい検索語句や遷移先として設定したくないリンク先に対しても配信されるリスクがあります。事前の除外設定をしっかり行いましょう。獲得につながらない検索語句やリンク先で広告が配信されるとCPAが上昇するリスクもあります。

①ウェブサイトのコンテンツが未充実の場合

動的検索広告はウェブサイトのコンテンツを解析して広告を生成します。そのため、ウェブサイトに詳細な製品情報や豊富なコンテンツがない場合、動的検索広告は効果的な広告を生成することができません。製品やサービスの情報が限られている、またはコンテンツの質が低いウェブサイトでは、手動でキーワードを選定し、カスタマイズされた広告文を作成する方が適切です。

②細分化されたターゲティングが必要な場合

動的検索広告は広範な検索クエリに基づいて広告を表示しますが、特定の顧客セグメントや絞りこんだターゲットにアプローチしたい場合には最適ではありません。特定のニッチ市場をターゲットにする場合や、特定の顧客行動や興味に基づく細かいターゲティングが求められるキャンペーンでは、よりコントロール性の高い広告手法を選択することが推奨されます。

③ブランドメッセージの厳密な統制が求められる場合

DSAは自動で広告見出しを生成するため、ブランドのメッセージやトーンアンドマナーを厳密に統制したい企業にとっては、望ましくない広告が表示されるリスクがあります。企業のブランドイメージやキャンペーンメッセージに厳しいガイドラインがある場合、広告文の細部に至るまでカスタマイズ可能な広告手法の方が適しています。

④サイトの構造が複雑または非標準的な場合

ウェブサイトが複雑で、製品ページやカテゴリーが標準的な構造に従っていない場合、検索広告は効果的に広告を生成できない可能性があります。その場合、通常の検索広告の方がより適切です。

動的検索広告を導入すべきかどうかのフローチャートを下記に記載しましたので、貴社の状況と照らし合わせながら是非参考にしてみてください。

動的検索広告の効果を最大限に引き出すには正確な設定が必要です。以下では、Google広告での設定手順をステップバイステップで説明します。

Google広告での設定手順

①Google広告アカウントにログインし、メインメニューから「キャンペーン」を選択します。
②「+」ボタンをクリックします。

③「新しいキャンペーンを作成」を選択します。


④キャンペーンの目標を選択した後、キャンペーンタイプとして「検索」を選びます。

⑤キャンペーン名や予算、入札単価を入力した後、キャンペーン設定まで進み、配信するネットワークを選択します。
デフォルトでは、Google 検索パートナーとディスプレイネットワークのチェックボックスにチェックが入っております。

動的検索広告を配信する場合は、「Google ディスプレイネットワークを含める」のチェックを外します。Googleにのみに配信を行いたい場合は「Google 検索パートナーを含める」のチェックも外します。

⑥「動的検索広告の設定」で言語を設定し、続けて「自分のウェブサイトのGoogleインデックスを使用する」にチェックを入れます。

広告グループ名を記入した後、動的広告ターゲットを設定します。カテゴリやページのタイトル、URL等を活用して対象のページURLを設定します。設定方法についてそれぞれ解説します。

⑦「お客様のサイトにおすすめのカテゴリ」は、既に広告で使用しているランディングページやサイト内容に応じて自動で推奨されるカテゴリになります。

⑧「特定のウェブページ」はURLを個別に入力する、あるいはルールを規定し、当てはまるURLを設定します。「対象とするウェブページのルールを設定する」場合の設定方法は下記のとおりです。

選択項目1選択項目2入力項目
URL を個別に指定する-URLを個別に設定
対象とするウェブページのルールを設定するカテゴリ指定サイトのコンテンツをベースに自動生成された「カテゴリ」から設定します
ページコンテンツぺージ内の語句から選び設定します。
ページタイトルぺージのタイトルに含まれる語句を設定します。
例:ページタイトル「リスティング広告運用」に含まれる語句「リスティング広告」を指定する
URLURLに含まれる文字列を設定できます。
例:文字列「/listing/」を含むURLを指定して設定する

⑨「すべてのウェブページ」は設定したドメイン配下の全てのページを対象URLに設定します。

動的検索広告の効果的な活用法についても解説します。

ウェブサイトのコンテンツと構造を最適化

DSAはウェブサイトのコンテンツを基に広告を生成するため、整理された構造と質の高いコンテンツが重要です。

サイトページの除外や新規追加

キャンペーンのパフォーマンスを定期的に見直し、改善施策を行うことが成功につながります。目的に応じて効果の悪いページの除外や、獲得が狙えるページの追加を実施しましょう。

除外キーワードの活用

不要なトラフィックを避け、コストを抑制するために、除外キーワードリストを活用し、関連性のない検索クエリから広告を除外しましょう。

eコマース業界の事例

あるeコマース企業は、動的検索広告を利用して製品ページへのトラフィックを増やし、コンバージョン率を20%向上させました。その企業はウェブサイトの構造を最適化し、動的検索広告が関連性の高い広告を生成できるようにしたことが効果改善につながりました。

旅行業界

旅行代理店が動的検索広告を活用して旅行パッケージの広告を行った結果、広告のクリック率が30%増加し、予約数が顕著に向上しました。その企業は地域別のランディングページを用意し、ユーザーの検索意図に応じた広告を提供することで、この成果を達成しました。

Q.動的検索広告が適している業界はありますか?

A.商品の数が多いECサイトはキーワード選定の工数が削減できるのでおすすめです。

Q.Yahoo!広告も同様の仕組みの広告はありますか?

A.Yahoo!広告にも動的検索広告(DAS)があります。仕組みはGoogle広告と同様です。

Googleの動的検索広告(DSA)の基本やメリット、効果的な活用方法について解説しました。

皆さんも、この記事で紹介した方法やコツを実践し、広告効果の改善に取り組んでみてください。最適なWebプロモーション施策を行い、売上拡大と事業の成長を実現しましょう。

Webプロモーションの種類については、こちらの記事で詳しく解説されています。あわせてご確認ください。
参考:Webプロモーションの種類とそれぞれの概要について|株式会社パラダイムシフト

株式会社アドカルはリスティング広告の運用に強みを持ったマーケティング支援企業です。

貴社のマーケティングパートナーとして、少数精鋭で担当させていただくので、

「外注先のレスポンスが遅い、積極的な提案が無い」
「リスティング広告の成果を改善した」
「効果的なWeb集客の施策を打ちたい」

とお悩みの方は、ぜひ弊社にご相談ください。
貴社のご相談内容に合わせて、成果の出るリスティング広告のご提案をさせていただきます。

リスティング広告の運用にお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください。