植木屋の集客で圧倒的な成果を出す方法【造園業・庭師の方も必見】

 
 

この記事でわかること

  • 植木屋・造園業・庭師の集客はWeb集客施策に注力すべき理由
  • 植木屋・造園業・庭師で集客拡大が可能なWeb集客方法
  • 植木屋・造園業・庭師の集客のポイント
谷田 朋貴

監修者プロフィール

谷田 朋貴

一橋大学卒業後、伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社、Web専業広告代理店を経て、株式会社電通デジタルに入社。アカウントプランナーとして国内の大手クライアントに対し、運用型広告を中心にデジタル全体のプロモーション施策の戦略立案・実行に従事。2023年12月、株式会社アドカルを創業。

植木屋・造園業・庭師の方にとって、成果が見込める集客方法や優先して実施すべきWeb集客方法を数多くの施策の中から選ぶのは難しいですよね。

本記事では、植木屋・造園業・庭師で圧倒的な成果を出すための集客方法を厳選してご紹介いたします。この記事を読めば爆発的な集客につながること間違いなしです。

是非最後までご覧ください。

多くの植木屋・造園業・庭師が集客施策を実施していますが、思ったような効果が出ず、悩んでいる担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、植木屋・造園業・庭師の集客がうまくいかない理由について解説します。

植木屋・造園業・庭師の集客がうまくいかない理由は3つ

ターゲットが明確に定まっていない

集客施策を実施していく上で、具体的なターゲットの設定が必要になります。

「自社に依頼する可能性がある人はどのエリアに住んでいるのか」
「植木屋・造園業・庭師に依頼する人にはどんなニーズがあるか」
「植木屋・造園業・庭師に依頼する人はどのような行動をとるか」

を明確にすることで、より費用対効果の高い集客が可能になります。

オフラインでの集客への固執

折り込みチラシやポスティングチラシを集客で活用している造園業・植木屋・庭師の方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、ユーザーの行動変化や競合の増加により、5年前、10年前と比べるとチラシからの反響効果は年々減少しているかと思います。

多くのユーザーは造園業・植木屋・庭師のサービスを利用しようと思ったタイミングで、まずはGoogleやYahoo!などで検索を行い、依頼先について情報収集や比較検討を行います。

そういったユーザーの行動に合わせて、オフラインの集客だけではなく、Web上でアプローチしていくことが重要になります。もちろん、チラシは多くの見込み客に的確にアプローチが可能ですし、オフラインでの集客施策のメリットも多大にあります。

オフラインでの集客に固執する、あるいはオフラインでの集客は一切やらないといったことではなく、ユーザーの行動に合わせてオフライン・Webどちらの集客施策も行っていくことが集客の成功につながります。

集客施策の外注先選定が失敗している

広告代理店やフリーランスに集客を外注したが、上手くいっていない…というケースもあるかと思います。

要因としては、

・外注先が適切な広告運用やサイト改善の施策を実施できていない
・外注先のレスポンスが遅い
・外注先が言われたことしかやってくれない、積極的な提案が無い

などが考えられます。

特に大きな代理店様ですと、代理店様内でご予算額が大きなクライアント様をエース級またはそれに近い人材が担当し、相対的にご予算が少額のクライアント様は新人やスキルがまだまだ未熟な社員が担当する場合が多いです。

外注先の選定の際には、担当者がきめ細やかな質の高いコミュニケーションをとることが可能か、一定のスキルを持っていて効果が見込める改善・拡大提案を積極的にしてくれるかといったところまで考慮する必要があります。

植木屋・造園業・庭師の集客では、優先してWeb集客・Webマーケティング施策に取り組むべきです。

ここでは、その3つの理由についてお話しします。

Web広告を始めとしたWeb集客・Webマーケティング施策は、アプローチしたいユーザーを細かく設定することが可能です。

自社のサービスを利用する可能性の低いユーザーに無駄な広告費をかけることなく、最初から利用確度の高いユーザーのみにアプローチすることができます。

施策の効果がリアルタイムで見えるという点もWeb集客・Webマーケティング施策の特徴です。

施策によっては短期間で数値として成果が出てくるため、課題を洗い出して改善施策をすぐに打つことが可能です。

PDCAサイクルを回して効果改善していく上で、Web集客・マーケティングは相性が良いです。

3.低予算で売上拡大につなげることができるため

低予算で売り上げ拡大に繋げられる可能性もあります。

リスティング広告を始めとする運用型のWeb広告は、特に最低の出稿額が決まっていないため、少額予算でも配信が可能であり、施策内容によっては高い効果を出すことも可能でしょう。

集客施策のスタート段階では、どのような施策が効率よく集客につながるかが不明のため、少額予算でテストを何度も行うことが必要です。Web集客・Webマーケティング施策はテストマーケティングにも非常に相性が良いです。

ここでは植木屋・造園業・庭師のWeb集客に効果的な方法を7つ紹介します。

1.サイトのSEO対策の実施

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で検索エンジンの最適化を意味します。
自社のWebサイトをGoogle等の検索エンジンで検索した際に上位表示されるようにして、検索からのサイト流入を狙う施策です。

植木屋・造園業・庭師の場合、「地域名×植木剪定」や「地域名×造園×価格」などのキーワードのニーズが大きいです。

SEO対策は短期では効果の出にくい施策ではありますが、長期間の施策継続の結果、検索で上位表示された場合に広告費をかけずに集客をすることが可能です。

2.ポータルサイトへの掲載

SEO対策は実施すべき施策ではありますが、成果が出るまでに時間も費用もかかります。

SEO対策と並行して進めていただきたいのが、ポータルサイトへの掲載です。

ポータルサイトは1つのテーマに対して情報が集約されており、そのテーマに興味を持つユーザーが訪れるメディアです。造園業・植木屋・庭師の情報をメインで載せているポータルサイトに自社の情報を載せることで、SEO対策で成果が出る前に自社に集客することが可能です。

全国に対応しており、施工例や都道府県別に施工店を探すことが可能で、自分のニーズに合う会社を簡単に見つけることができます。

3.MEO対策の実施

MEOとは「Map Engine Optimization」の略でマップ検索エンジンの最適化を意味します。

主にGoogleマップでの検索結果で上位表示されるようにすることで、問い合わせ促進を図る施策です。

Googleで「●●(特定の地域名) 植木屋」等で検索していただくとわかりますがほとんどの植木屋・造園業・庭師は基本の情報や口コミ表示のみとなっており、最適化がされていない状況です。

競合が多くないうちにMEO対策をしっかりと行い、上位表示を狙いましょう。

4.リスティング広告の実施

リスティング広告とは、Googleなどの検索エンジンでユーザーが検索したキーワードに連動して表示される広告です。SEOと異なり、上手くいけば短期で効果が見込める施策です。

植木屋・造園業・庭師の場合は特にリスティング広告を配信するキーワードと、ターゲットに適した広告文の設定が重要です。

植木屋・造園業・庭師においては主に下記の2パターンのキーワードが考えられます。

① 会社名の指名キーワード
② 地域×植木屋・造園業・庭師の一般キーワード

特に②のKWに対しては競合の入札があるため、クリック単価(CPC)と呼ばれるユーザーが広告をクリックするたびに発生する費用が①と比べて高くなる傾向にあるので、費用対効果に見合うかを慎重に検討しながら、配信継続の有無を判断する必要があります。

広告文は、前述のとおりターゲットに適した訴求や、料金や地域名の訴求を入れ込むことで、費用対効果の向上を狙いましょう。

ユーザーの検索語句に合わせて、広告文のテキストを動的に反映することができる「広告カスタマイザ」の活用も効果的です。
(例:“浜松 植木屋”で検索したユーザーに対して、「浜松市の植木屋」が含まれる広告文を配信)

5.ディスプレイ広告の実施

ディスプレイ広告とは、Webサイトやアプリ上の広告枠に配信される画像や動画、テキストの広告になります。

画像形式・動画形式のディスプレイ広告であれば、テキスト中心のリスティング広告とは異なり、ビジュアルで訴求を行うことが可能です。

特定のキーワードを検索したユーザーに対して配信されるリスティングと比較して、ディスプレイ広告は潜在層(ニーズが顕在化していない層)へのアプローチが中心になります。

一方で、ディスプレイ広告の中には自社ホームページ訪問者へ広告を表示できるリターゲティング配信と呼ばれる施策があります。

自社ホームページに一度以上訪れた見込みユーザーへの広告配信が可能にあるので、よりお見積り・申し込み確度の高いユーザーにアプローチができます。

※サイト訪問者にアプローチが可能なリターゲティング配信はCookieと呼ばれるWebページ等でブラウザに情報を保存する仕組みを活用しているのですが、個人情報保護の問題で近年はCookieの廃止に向けて各社が動いているため、配信の制限や従来の効果が今後見込めなくなる可能性が高いです。別コラムやお打ち合わせの中で別途お話できればと思います。

6.SNS広告の実施

SNS広告は様々な媒体がありますが、優先して実施するべき媒体はターゲティング精度の高いMeta広告(Facebook広告)になります。

特にメインのターゲットとなる40代~50代のユーザーはFacebookを多く活用しております。

こうした年齢層のユーザーのみにFacebook広告が配信されるようにターゲティング設定を行い、効率よくアプローチすることが可能です。

7.LINE公式アカウントの活用

自社でのLINE公式アカウントの活用もおすすめです。

LINE上での植木屋・造園業・庭師のお見積りや問い合わせを可能にすることで、ユーザー視点で利用がしやすくなり、顧客獲得の拡大を狙えます。また、キャンペーン等の実施時にLINE公式アカウントからメッセージ配信を行うことも可能です。

植木屋・造園業・庭師がWeb集客を実施する上で重要なポイントを3つ紹介します。

1.ターゲットを明確化する

繰り返しになりますが、ターゲットを明確にすることでより効果的な集客が可能になります。

自社で抱えている顧客のデータの分析や外部ツール・支援会社の活用によって、
想定ターゲットを明確にしてから、施策を実施していくことが重要です。

2.競合とのサービス比較を行い、訴求を差別化する

自社の優位性や強みを洗い出し、訴求に落とし込むことで比較検討しているユーザーの興味を引くことが可能になります。

例えば植木屋であれば、剪定、伐採など強みが様々あるかと思いますが、同エリアの競合のサービスと比較して、自社で訴求すべきポイントを検討してみましょう。

3.打ち手を広げすぎず、効率的な投資を行う

Web集客の施策をあれもこれもと広げすぎてしまい、効果につながらず、さらには効果につながらなかった要因も明確にならないままになっているケースも多く見受けられます。

施策の目的を明確にした上で施策を実施し、実施後も上手くいった・いかなかった要因を分析して、次回に生かすことが必須になります。

植木屋・造園業・庭師の集客はまずWeb集客施策に注力すべきですが、ユーザーとの接点を増やす上でもリソースが確保できるようであれば、Web集客施策と並行してオフライン施策も実施しましょう。

ここでは、オフラインの集客施策について紹介します。

既存顧客からの紹介

既存のお客様からご紹介を受けて新規顧客を獲得するというのはよくあるケースです。

まずは目の前のお客様が満足できるように、最大限のサービスをご提供することが重要です。

チラシなどのオフライン広告

チラシなどの昔からあるアナログな集客方法も、ご予算が許す限りは実施するべきです。

ユーザー目線に立った時に、オフラインでもWebでも接点があった方が、貴社のサービスに興味を持ちやすいので是非取り組んでみてください。

植木屋・造園業・庭師のWeb集客の成功は事前のリサーチや戦略設計が肝になります。

当記事でご紹介したポイントに注意しながら費用対効果の高いWeb集客を実施していきましょう。


植木屋・造園業・庭師の集客にお困りではないですか?

株式会社アドカルはWeb集客に強みを持ったマーケティング支援企業です。

貴社のマーケティングパートナーとして、少数精鋭で担当させていただきます。

・Web広告を出稿してみたい
・自社で運用しているが、効果が出ないので代理店を探している
・成果の出るWeb集客施策を行って集客を拡大したい

上記のようなお悩みをお持ちでしたら是非私たちにご相談ください。株式会社アドカルは貴社の集客を最大化するために「消費者理解の徹底」と「戦略立案」を大事にしております。詳しくは下記のサービスページをご覧ください。

貴社に最適なプランをご提案させていただきます。