遺品整理のSEO対策まとめ|集客を成功に導く方法【プロが監修】

遺品整理の集客にはSEO対策が効果的です。

本記事では、遺品整理業者の売上拡大につながるSEO対策の方法をご紹介いたします。

・SEO対策とはどのような施策なのか
・リスティング広告だけではなく、SEO対策も必要な理由
・遺品整理の売上拡大につながるSEO対策

・遺品整理におけるSEO対策のポイント

この記事を読んでいただければ遺品整理で実施すべきSEO対策の方法が分かり、売上拡大に繋げることができると考えております。

▼遺品整理のSEO対策以外のWeb集客施策に興味のある方はこちら
【プロが監修】遺品整理の集客拡大につながるWeb集客方法まとめ

この記事の監修者

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で検索エンジンの最適化を意味します。

自社のWebサイトをGoogle等の検索エンジンで検索した際に上位表示されるようにして、検索からのサイト流入を狙う施策です。

ユーザーが検索する悩みや遺品整理関連のキーワードに対して自分のサイトが上位に表示され、その内容がユーザーの悩みを解決しニーズに合致する内容であれば、
広告費をかけずともWebからの集客拡大・予約獲得につながることが可能です。

「既にリスティング広告を配信しているから大丈夫」と思っている遺品整理業者の方でも、リスティング広告の配信とSEO対策を並走させることで、

・検索からの流入と広告からの流入で新規ユーザーの流入経路が増える
・検索画面で抑えられる枠が増えるので、CTRが向上する

というメリットがあるので集客拡大や売上拡大のためにSEO対策は必須になります。

遺品整理のリスティング広告のポイントについて、興味のある方はこちらの記事を必ずご覧ください。
遺品整理のリスティング広告で成果を上げる方法を徹底解説【最新版】

ここでは、SEO対策の手法となる下記の3つの方法について解説します。

・内部対策
・外部対策
・コンテンツSEO

ご参考になれば幸いです。

内部対策

内部対策とは、Googleなどの検索エンジンに自分のサイトを正しく認識・評価してもらい上位に表示されるようにサイトを改善していく施策になります。

次にクローラーが収集したサイトやサイトの評価が、検索エンジン内のデータベースに保存されて、そのデータをもとに検索キーワードとサイトコンテンツの関連性や評価の高い順に検索順位が決まります。

そのため、内部SEOは次の2点を目的として実行します。

・自分のサイトへのクローラーの巡回を促す
・サイトのコンテンツ内容をクローラーに正しく伝えて、評価してもらう

内部対策が適切に実施されていない場合、ユーザーの視覚上は素敵なデザインのサイトであったとしても、クローラーによる情報収集や評価がされず、遺品整理関連のキーワードでサイトを上位表示させるのが難しくなります。

そのため、内部対策の適切な実施が重要になります。

外部対策

外部対策とは、外部のサイトから自分のサイトへのリンクやSNS上での言及を獲得するために行う施策になります。
高い質のサイトコンテンツを作成すれば、外部リンクの獲得やSNSで言及される可能性が高まります。

GoogleではWebサイトの外部からのリンク数やSNSでの言及数を評価基準の1つとして扱っています。

そのため、外部対策は狙っているキーワードで上位に表示されるための重要な施策になります。

コンテンツSEO

コンテンツSEOとは、記事コンテンツを増やしたり、内容の質を高めたりすることにより、検索エンジンからの評価アップや検索流入から記事を読んだユーザーの獲得を図る施策です。

見込み顧客となり得るユーザーが検索するキーワードに対して、その検索意図に沿った記事コンテンツの作成を行います。

例を出すと「遺品整理 相場」と検索するユーザーが抱えている悩みを解決するような、遺品整理サービスを利用する際の料金の相場に関する内容が記載された記事コンテンツを用意することで、集客拡大につながります。

コンテンツSEO対策も、検索結果への上位表示を狙う上で重要な施策になります。

ここでは遺品整理のSEO対策のポイントを5つ紹介します。

ターゲットならびにニーズの明確化

SEO施策を実施する前に、どういったユーザーにサービスを利用してもらいたいのか明確にすることが重要です。

まずは、すでに自社のサービスを利用している顧客のデータをもとに、客層を把握しましょう。

そのデータを踏まえた上で、自社の強みや提供サービスを加味しつつ、ユーザーのニーズや行動を想定しながら狙うべきターゲットを定めます。

「自社サービスを利用する可能性がある人はどのエリアに住んでいるのか」
「遺品整理サービスを利用する可能性がある人にはどんなニーズがあるのか」
遺品整理サービスをを利用する可能性がある人はどのような行動をとるのか」

を明確にすることで、より効果的なSEO施策を実施することが可能になります。

▼関連記事
【マーケ担当者必見】Web集客で最も大事なのは「ターゲット設定」である

対策すべきキーワードを選定する

ターゲットが明確になったら、対策すべきキーワードについて考えます。

遺品整理においては主に下記のようなキーワードが考えられます。

・地域関連キーワード
・その他関連キーワード

地域関連キーワード

「大宮 遺品整理」「横浜 遺品整理」など、地域名や駅名関連のキーワードで検索するユーザーは特に多いです。自分が住んでいる、あるいは現在自分が居る場所に近いエリアの遺品整理サービスを探しているケースが多いためです。

見込み顧客に自社の遺品整理サービスを利用してもらえるように、こういった地域関連キーワードでもしっかりと対策をしていきましょう。

ただ、地域関連のキーワードは、競合の遺品整理業者も対策しており、上位表示をさせるハードルが高いため、「大宮 遺品整理 料金」など検索数のボリュームは低下しますが、競合性も低くなるキーワードから対策することが重要です。

その他関連キーワード

その他にも「遺品整理 やり方」「遺品 処分」など遺品整理に関連するキーワードでもしっかりと対応したコンテンツを用意してユーザーの流入を図ることで、態度変容を促し、集客の拡大を狙いましょう。

SEO対策におけるキーワードの選定の方法については、下記の記事でより詳しく解説しております。必ずご覧ください。

中小企業のSEO対策|キーワード選定の方法を解説【図解付き】

ユーザーの検索意図を踏まえた記事を制作する

狙うべきキーワードが選定できたら、実際に記事を制作していきます。

キーワードを検索したユーザーの意図や背景をくみ取りながら、ニーズに沿ったコンテンツ記事を作成します。

例えば「遺品 片付け」であれば、遺品を片付ける際の注意点や知っておくべきこと、遺品整理業者の選び方などを記事の内容に盛り込みましょう。

記事タイトルの付け方については、下記の記事でより詳しく解説しております。

中小企業のSEO対策|成果を出すタイトルの付け方【事例付き】

競合の遺品整理会社のサイトを分析する

自社のサイトを上位表示させる上で、競合のサイトの分析も重要です。

特にすでに上位表示されている遺品整理会社のサイトは、SEO対策が十分に行われている可能性が高いので、非常に参考になります。 狙うべきキーワードで表示されている競合のサイトの内容を参考にしつつ、差別化できるポイントを洗い出し、SEO対策を行っていきましょう。

E-E-A-Tの担保

 E-E-A-Tとは、質の高いWebサイトを評価するにあたり、Googleが独自に定めた基準のことで、「経験(Experience)」「専門性(Expertise)」「権威性(Authoritativeness)」「 信頼性(Trustworthiness)」の頭文字になります。

E-E-A-Tを担保する具体的な施策としては。

・記事の内容の根拠となる論文等のソースを記載。
・SNSなどの外部サービスでの記事拡散

等があります。

ここでは、SEO以外のWeb集客施策について、費用対効果の面で優先度が高い施策を2つご紹介します。

リスティング広告の実施

リスティング広告とは、Googleなどの検索エンジンでユーザーが検索したキーワードに連動して表示される広告です。SEOと異なり、上手くいけば短期で効果が見込める施策になります。

遺品整理の場合は特にリスティング広告を配信するキーワードと、ターゲットに適した広告文の設定が重要になります。

遺品整理においては主に下記の2パターンのキーワードが考えられます。

① 社名サービス名の指名キーワード
② 上記以外の一般キーワード
(「江東区 遺品整理」「墨田区 遺品整理」など)

特に②のKWに対しては競合の入札があるため、クリック単価(CPC)と呼ばれるユーザーが広告をクリックするたびに発生する費用が①と比べて高くなる傾向にあるので、費用対効果に見合うかを慎重に検討しながら、配信継続の有無を判断する必要があります。

広告文は、前述のとおりターゲットに適した訴求や、料金や地域名の訴求を入れ込むことで、費用対効果の向上を狙いましょう。

ユーザーの検索語句に合わせて、広告文のテキストを動的に反映することができる「広告カスタマイザ」の活用も効果的です。
(例:“江東区 遺品整理”で検索したユーザーに対して、「江東区の遺品整理」が含まれる広告文を配信)

遺品整理で成果を出すリスティング広告のポイントについては、下記の記事で詳しく解説しております。
遺品整理のリスティング広告で成果を上げる方法を徹底解説【最新版】

MEO対策の実施

MEOとは「Map Engine Optimization」の略でマップ検索エンジンの最適化を意味します。

Googleビジネスプロフィールに登録し、主にGoogleマップでの検索結果で上位表示されるように設定することで、問い合わせ促進を図る施策になります。

Googleで「●●(特定の地域名)遺品整理」等で検索していただくとわかりますが、ほとんどの遺品整理会社は基本の情報や口コミ表示のみとなっており、最適化がされていない状況です。

競合が多くないうちにMEO対策をしっかりと行い、上位表示を狙いましょう。

遺品整理のMEO対策については、下記の記事で詳しく解説しております。
遺品整理のMEO対策でGoogleマップ上位表示【24年最新版】

遺品整理のSEO対策では事前のリサーチやターゲット設定、キーワード選定、ニーズに沿ったコンテンツ記事作成が肝になります。また、MEO対策も合わせて行うことが必須です。

SEO対策は短期では効果の出にくい施策ではありますが、長期間の施策継続の結果、検索で上位表示された場合に広告費をかけずに集客をすることが可能になります。

株式会社アドカルは主にSEO対策を施した公式サイト制作やWeb広告での集客に強みを持ったマーケティング支援企業です。

貴社のマーケティングパートナーとして、少数精鋭で担当させていただくので、

「リスティング広告で一定集客はできているが、サイトが検索結果に上位表示されていない」
「自社のサイトを上位表示させて検索からの流入を増やし、広告費を抑えたい」
「外注先のレスポンスが遅い、積極的な提案が無い」

とお悩みの方は、ぜひ弊社にご相談ください。貴社のご相談内容に合わせて、Web集客施策のご提案をさせていただきます。

遺品整理のWeb集客にお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください。