リスティング広告の外注先の選び方とポイント完全ガイド【最新版】

 
 

この記事でわかること

  • リスティング広告を外注するメリットやデメリット
  • リスティング広告の外注先を選ぶ際のポイントや注意点
  • リスティング広告の運用を外注した場合の料金相場とサービス内容
谷田 朋貴

監修者プロフィール

谷田 朋貴

一橋大学卒業後、伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社、Web専業広告代理店を経て、株式会社電通デジタルに入社。アカウントプランナーとして国内の大手クライアントに対し、運用型広告を中心にデジタル全体のプロモーション施策の戦略立案・実行に従事。2023年12月、株式会社アドカルを創業。

リスティング広告を外注することで、さまざまなメリットが期待できます。

外注のメリットとしては、まず時間とリソースを節約できることが挙げられます。リスティング広告の運用には多くの手間がかかりますが、外注することで社内の貴重な人的リソースを他の業務に振り向けることができます。

さらに、外注によって広告運用の専門知識を活用できるというメリットもあります。専門の広告代理店には、リスティング広告の豊富な知見と経験があり、効果的な戦略を立てられます。

そして何よりも、外注することで広告のパフォーマンス向上が期待できます。専門家による適切な運用によって、広告の費用対効果が高まり、より良い結果が得られるでしょう。

外注を成功させるには、適切な広告代理店を選ぶことが重要です。代理店の実績や強みを確認し、自社の広告目的に合っているかどうかを見極める必要があります。信頼できる代理店を選べば、リスティング広告の効果を最大限に引き出すことができます。

当記事では、リスティング広告の成功につながる外注先の選び方やポイントについて詳しく解説します。

目次

リスティング広告を外注する際のメリットは多岐にわたります。ここでは主なメリット3点について解説します。

①パフォーマンスの改善

専門的な知識やノウハウを持つ代理店による運用は、広告のパフォーマンスを最大限に引き出せる可能性が高いです。初期段階での戦略立てや運用中の調整など、専門的な視点からのアプローチにより、広告の成果を出しやすくなります。

②リソースの削減

外注を利用することで、企業は本業に集中し、成果を出すための時間やリソースを有効活用できるようになります。

また、人件費や育成コストを抑えることができる点も大きなメリットです。外注することにより、新たな人材を採用し育成するコストや時間を節約でき、即座に成果につなげることが可能になります。

③幅広い支援を受けることが可能

Webマーケティング全般に関する広範な相談が可能な代理店であれば、リスティング広告だけでなく、サイト制作やSEO対策など、全体を見た上での最適なプランをご提案・実行することが可能です。

リスティング広告を外注する際のデメリット2点についても解説します。

①ノウハウが社内に蓄積されない

外注すると自社内にノウハウが蓄積しづらくなります。

そのため、外注先に一方的に任せきりにするのではなく、自社でも広告の進捗を注視し、アドバイスや修正の指示を出せるようにしておくべきでしょう。

コミュニケーションが円滑に行えない可能性あり

外注先とのコミュニケーションの時間や工数がかかるケースがあります。

例えば、直ぐに対応して欲しい内容を外注先に頼んだとしても、そもそも反応が遅かったり、対応自体も後回しになったりする可能性もあります。

外注先とスムーズにコミュニケーションが行えるように、定期的な打合せの場の設定やコミュニケーション周りの仕組みづくりが重要です。

リスティング広告代理店の外注先選定にあたり、いくつか重要なポイントがあります。

これらのポイントを考慮することで、自社のニーズに最適な代理店を見つけることができます。

最低契約期間

代理店によって設けられている最低契約期間は、選定の際の重要な検討材料です。短期間で成果を見たい、または柔軟に対応できる代理店を求める場合、契約期間の縛りがない代理店が望ましいでしょう。

逆に、長期的にビジネスをサポートしてくれる代理店を選びたい場合は、契約期間が長く設定されている代理店が適しています。契約期間についての詳細は事前にしっかりと確認し、自社の計画と合致するか検討する必要があります​​。

②サービス内容と料金設定

リスティング広告の運用において、代理店が提供するサービス内容と料金設定は、コストパフォーマンスを考慮する上で極めて重要です。特に、業務規模に見合ったサービス内容かどうかを確認することは、無駄な費用を避けるために必要不可欠です。

③サイトやブログの情報から代理店を評価

代理店のウェブサイトやブログは、その代理店の専門知識や業界に対する取り組み姿勢を知る上で貴重な情報源となります。リスティング広告運用のノウハウを積極的に発信している代理店は、その分野において信頼できる専門性を有している可能性が高いです。

弊社のリスティング広告の戦略立案に関する考え方については、下記の記事をご覧ください。
リスティング広告戦略の全て|競合に打ち勝つ戦略立案の方法を公開!

月次レポートの内容や報告頻度

広告運用の成果を正しく評価し、継続的な改善を図るためには、月次レポートの内容と報告頻度が重要です。詳細な分析や改善提案を含むレポートを提供してくれる代理店は、成果を最大化するための強力なパートナーとなり得ます​。

リスティング広告アカウントの開示と譲渡

代理店との契約が終了した後も、過去の広告運用データを活用してさらなる成果向上を目指すためには、アカウントの開示や譲渡が可能であることが望ましいです。この点については、契約前に明確に確認し、合意形成を図ることが重要です。

弊社株式会社アドカルは最低契約期間も無く、リスティング広告のアカウント開示も可能なので、広告代理店の乗り換えを検討されている場合は是非お気軽にご相談ください。

リスティング広告を外注する際には、成功につなげるためにも、発注前に確認すべきいくつかの重要なポイントがあります。これらのポイントを事前にクリアにしておくことで、外注先との関係を円滑にし、広告運用の成果を最大化することが可能になります。

手数料や最低契約期間などの契約内容

外注する際の契約内容には、特に注意が必要です。手数料やサービス範囲、最低契約期間など、契約条件を明確にし、予期せぬコストや期間に縛られることのないようにしましょう。これには、広告費用の前払いの有無や、最低手数料に関してもチェック必須です。

担当者の質と緊急対応能力

運用代行の成果は、担当する代理店や担当者に大きく依存します。代理店選びでは、担当者の経験や実績、そして緊急時の対応能力を重視することが必要です。万が一の状況に対応できる体制が整っているか、確認しておくと安心です。

進捗管理とレポートの質

リスティング広告の運用代行では、進捗管理とレポート作成が重要な役割を果たします。適切な進捗管理が行われ、定期的に詳細なレポートが提供されることで、運用の成果を正確に把握し、改善策を講じることができます。代理店がどの程度詳細なレポートを提供してくれるかも、契約前に確認するべきポイントです。

ノウハウの共有

外注を行っても、自社で広告運用の知見を蓄積していくことは大切です。外注先がどの程度運用の知識や技術を共有してくれるか、アカウントを開示してくれるかも判断材料となります。

リスティング広告運用を広告代理店に依頼した際の料金体系

広告代理店におけるリスティング広告運用の料金体系は、主に2種類あります。

一つ目は運用した広告費の15~20%が運用手数料となるケース。2つ目は、月額料金や固定費になっているケースです。

ご予算額によっては、どちらかのケースが安くなると思いますが、重要なのは成果なので余程の差が生まれない限りは気にする必要はないでしょう。

リスティング広告運用を依頼した際の広告代理店のサービス内容

リスティング広告運用を依頼する場合、アカウント構成の設計やキーワード選定、広告文の作成、入稿から運用、レポーティングまで、基本的にはどの広告代理店もサービス内容は変わりません。

しいて言えばご予算が少ないと、広告代理店からのレポーティングや打合せの頻度が少なくなるケースが多いです。

リスティング広告運用を代理店に依頼する場合の注意点

広告代理店によっては最低出稿金額の制限があるので、自社のご予算と照らし合わせて依頼できるか事前に確認しましょう。

リスティング広告を外注した後に注意すべきことを解説します。

契約内容の確認

外注する際の契約内容には、特に注意が必要です。手数料やサービス範囲、最低契約期間など、契約条件を明確にし、予期せぬコストや期間に縛られることのないようにしましょう。これには、広告費用の前払いの有無や、最低手数料に関してもチェック必須です。

成果が改善されない場合は外注先の乗り換え・切り替えを検討

中長期の期間でみても一向に成果が改善されない場合は、外注先の乗り換え・切り替えを検討しましょう。

リスティング広告代理店の乗り換え・切り替えのポイントについては下記の記事をご覧ください。
リスティング広告代理店の乗り換え・切り替え完全ガイド【最新版】

配信期間が1カ月程度など短い場合は、データ不足による影響も大きいため、一定期間は長い目で見るのが重要です。

Q.企業ではなくフリーランスに依頼するのもありでしょうか?

A.貴社のご予算や目的に沿うのであれば問題ないと思います。フリーランスの場合、費用面や対応面について柔軟に調整できる可能性もあります。また、クラウドワークスランサーズといったアウトソーシングサイトで依頼すると相場よりも安価に依頼することも可能です。

Q.少額の予算でも外注可能でしょうか?

A.少額予算でもリスティング広告の外注は可能です。詳しくはリスティング広告代理店で少額予算にも対応している代理店5社を厳選の記事をご覧ください。

リスティング広告代理店の外注する際のメリットやデメリット、外注先の選び方、注意すべきポイントについて解説しました。

株式会社アドカルは主にリスティング広告などのWeb広告やSEO対策での集客に強みを持ったマーケティング支援企業です。

弊社は自慢ではないですが、お客様から途中で契約を解除されたことが一度もございません。お客様に対して誠実に向き合い、しっかりと成果で返すことを心がけております。

貴社のマーケティングパートナーとして、少数精鋭で担当させていただくので、

「リスティング広告の外注先を探している」
「リスティング広告の運用を外注するか、内製化するか迷っている」
「代理店のレスポンスが遅い、積極的な提案が無い」

とお悩みの方は、ぜひ弊社にご相談ください。貴社のご相談内容に合わせて、リスティング広告をはじめとするWeb集客施策のご提案をさせていただきます。

リスティング広告の運用にお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください。