リスティング広告代理店で少額予算にも対応している代理店5社を厳選

「リスティング広告を少額の予算で運用代行してくれる広告代理店はあるのだろうか?」

本記事では上記のような疑問やお悩みを抱えている方向けに、少額予算でのリスティング広告の運用代行が可能なおすすめ広告代理店と広告代理店を選ぶポイントについて解説します。

ぜひ最後までご覧ください。


この記事の監修者

目次

リスティング広告とは、Googleなどの検索エンジンでユーザーが検索したキーワードに連動して表示される広告です。※リスティング広告は検索連動型広告とディスプレイ広告がありますが、今回の記事は検索連動型広告に絞ってお話します。

また、リスティング広告はクリック課金型になります。ユーザーに1クリックされるたびに課金が行われます。1クリックの費用は配信するキーワードによって異なります。

リスティング広告の特徴として、上手くいけば短期で効果が出るという点があげられます。関連キーワードを検索している顕在層に広告が配信できるため、成果につながりやすいです。また、広告審査が通れば最短で当日に配信開始できるケースもあります。

クリック単価相場×50~70以上の月額ご予算が投資可能でない場合は配信すべきでない

リスティング広告で狙いたい顕在層向けのキーワードのクリック単価×50~70以上の月額予算が無いと、成果を出すのは難しい可能性が高いです。

理由としては、リスティング広告におけるコンバージョン率が筆者の経験上、1.5%~2%程度であるケースが多く、最低でも月額予算がクリック単価×50~70以上でないとコンバージョンが獲得できません。

キーワード毎のクリック単価については、Google広告のキーワードプランナーを活用すると確認できます。

具体的な手順としては、右上メニューの「ツールと設定」⇒「キーワードプランナー」⇒「検索のボリュームと予測のデータを確認する」を選択します。

※出典:https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

次にリスティング広告を出したいキーワードを設定すると、下記のような画面がでてきます。

「ページ上部に掲載された広告の入札単価(定額帯)」と「ページ上部に掲載された広告の入札単価(高額帯)」の2つの金額が出てきますが、これらの平均値がおおよその該当キーワードのクリック単価になります。

広告代理店に運用を依頼する前に、上記の方法で月額予算がクリック単価×50~70以上を超えているか確認しましょう。

仮にご予算が不足している場合は、リスティング広告の出稿が難しいので別の方法を模索する必要があります。一度弊社にご相談いただくことも可能ですので、お気軽にお問合せください。

リスティング広告運用を広告代理店に依頼した際の料金体系

広告代理店におけるリスティング広告運用の料金体系は、主に2種類あります。

一つ目は運用した広告費の15~20%が運用手数料となるケース。2つ目は、月額料金や固定費になっているケースです。

ご予算額によっては、どちらかのケースが安くなると思いますが、重要なのは成果なので余程の差が生まれない限りは気にする必要はないでしょう。

少額のリスティング広告運用を依頼した際の広告代理店のサービス内容

少額でのリスティング広告運用を依頼する場合、アカウント構成の設計やキーワード選定、広告文の作成、入稿から運用、レポーティングまで、基本的にはどの広告代理店もサービス内容は変わりません。

しいて言えばご予算が少ないと、広告代理店からのレポーティングや打合せの頻度が少なくなるケースが多いです。

少額でのリスティング広告運用を代理店に依頼する場合の注意点

広告代理店によっては最低出稿金額の制限があるので、自社のご予算と照らし合わせて依頼できるか事前に確認しましょう。

少額のリスティング広告の運用を広告代理店に依頼するメリットについて解説します。

社内のリソースを削減可能

広告代理店が施策立案から入稿、運用、レポーティングまで行ってくれるので、自社内で細かい作業に対応する必要がなくなり、リソースが削減可能です。

最新のリスティング広告情報や業界情報をキャッチアップできる

広告代理店はGoogleなどの媒体と連携して最新の情報を入手したり、同業界の他案件も抱えているので業界情報も得たりすることができます。

したがって、広告代理店を活用することで自社でも最新のトレンドやノウハウをキャッチアップすることが可能になります。

最新情報やノウハウを生かした運用をしてくれる

先ほどの内容と重複しますが、広告代理店は社内にたまった知見やノウハウ、最新の情報を活かしてリスティング広告の運用を行ってくれます。

したがって、自社内で運用するよりも成果が出る可能性が高いです。

少額のリスティング広告運用を依頼する広告代理店を選ぶポイントについて解説します。

予算に見合う料金体系かどうか

繰り返しになりますが、広告代理店によっては最低出稿金額を設けているので、自社の広告予算が基準を満たしているか確認しましょう。また、初期費用がかかる広告代理店も多いので、事前に予算が足りているかチェックが必要です。

契約期間の縛りが無いか

契約期間の縛りが無いかも確認しましょう。

広告代理店によっては最低3カ月以上からの契約など、契約期間の縛りがあるため、確認が必要です。

効果が出なくても、契約期間の縛りがあると解約できないため、契約期間の制限を設けていない広告代理店を選びましょう。

少数精鋭か

必ず少数精鋭の広告代理店を選びましょう。

特に大きな代理店様ですと、代理店様内でご予算額が大きなクライアント様をエース級またはそれに近い人材が担当し、相対的にご予算が少額のクライアント様は新人やスキルがまだまだ未熟な社員が担当する場合が多いです。

外注先の選定の際には、少数精鋭で担当者がきめ細やかな質の高いコミュニケーションをとることが可能か、一定のスキルを持っていて効果が見込める改善・拡大提案を積極的にしてくれるかといったところまで考慮する必要があります。

既にリスティング広告代理店に依頼しているが、代理店の乗り換え・切り替えを検討されている場合は下記の記事をご覧ください。
リスティング広告代理店の乗り換え・切り替え完全ガイド【最新版】

株式会社アドカル

株式会社アドカル


手前味噌ではありますが、弊社株式会社アドカルをご紹介させていただきます。

弊社はWeb広告の施策立案・運用代行やSEO・MEO対策をメインにお客様のWebマーケティング支援を行う会社です。

東京都墨田区に本社を構えています。小さい広告代理店ではありますが、お客様の売上・利益の拡大に重きをおいてご支援させていただいておりますので、是非候補に入れていただけますと幸いです。

少数精鋭

弊社は少数精鋭でご支援させていただきますので、お客様に信頼されるパートナーとして密なコミュニケーションをとることが可能です。

大手の広告代理店と比べると規模は小さいですが、墨田区のお客様のニーズに合わせて、柔軟なご対応をさせていただきます。

最低広告予算

最低広告予算は月30万円からになります。少額予算からのご依頼が可能です。

初期費用

初期費用は50,000円になっております。ただし、SEO施策も合わせてご発注いただいた場合は初期費用は無料になります。

運用手数料

広告ご予算に応じていただく体系になります。詳しくはお問い合わせ頂ければ幸いです。

契約期間

弊社は最低契約期間の縛りがございません。

成果を出してお客様の売上や利益拡大にコミットするということに重きをおいているので、想定していた結果が
出せなければいつ何時でも契約を解除いただいて問題ございません。

成果を出せるように尽力させていただきます。お気軽にご相談ください。

株式会社グラタス

※出典:https://gratus.co.jp/

株式会社グラタスは最適なウェブマーケティングを実現する広告代理店です。

東京都の葛飾区に本社があります。

最低広告予算

最低広告予算は3,000円から依頼が可能です。

初期費用

初期費用は5,000円になっております。

運用手数料

運用代行の手数料は広告予算×16.67%ですが、最低手数料は20,000円以上になります。

つまり、最低広告予算は3000円からですが、広告予算が20,000円/16.67%≒120,000円以上でないと、手数料が割高になるので確認が必要です。

契約期間

契約期間は3カ月~になります。

株式会社TONOSAMA

※出典:https://www.samatono.jp/

株式会社TONOSAMAは固定費でリスティング広告の運用代行を行っています。

福井県にある広告代理店です。

最低広告予算

最低広告予算は1,000円から依頼が可能です。

初期費用

初期費用は無料です。

運用手数料

運用代行の手数料は50万円未満は固定費になっており、最低手数料は10,000円以上になります。

広告予算毎の費用については下記の通りです。

※出典:株式会社TONOSAMA リスティング

契約期間

契約期間の縛りは無しです。

デジマール株式会社

※出典:https://digimarl.com/

デジマ-ル株式会社は透明性のある広告運用の管理体制を敷いており、お客様もアカウント内を見れる状態で運用代行を行う広告代理店です。

東京都の品川区西五反田に本社があります。

最低広告予算

最低広告予算はありません。

初期費用

初期費用はありません。

運用手数料

運用代行の手数料は広告費用の20%になります。最低手数料は100,000円以上になります。

つまり、最低広告予算は定められていないですが、広告予算が100,000円/20%=500,000円以上でないと、手数料が割高になるので確認が必要です。

契約期間

契約期間は無いですが、3カ月以上の掲載を推奨しております。

株式会社メディックス

※出典:https://www.medix-inc.co.jp/service/promotion/listing.html

株式会社メディックスは運用型広告のプランニング・運用に強みを持った広告代理店です。

筆者も自身がメディックス出身であり、自分の体験から自信を持ってオススメできる会社です。クライアントファーストが全社員に浸透していてお客様に真摯に向き合ってくれます。

最低広告予算

最低広告予算はありません。

初期費用

お問い合わせが必要です。

運用手数料

お問い合わせが必要です。

契約期間

3カ月以上からの契約になります。

Q.最低契約期間が無い広告代理店に依頼したいが、効果を出す上で推奨の運用期間はありますか?

A.継続して運用しないと目に見える成果が出ないケースもあるので、2カ月間以上の運用が推奨です。

Q.少額予算の運用だとレポートの頻度や打合せ頻度も少ないイメージがありますが、実際はどうでしょうか。

A.広告代理店によって対応は異なるので一概には言えませんが、ご予算が少額だと実施できる改善施策やご報告できる内容も限られているので、お打ち合わせの頻度は少なくなるケースが多いかと思います。ご希望がございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせ頂ければ幸いです。

本記事では少額予算でリスティング広告代理店へ運用を依頼する際のポイントやおすすめの広告代理店を紹介しました。

記事の内容を参考に貴社のリスティング広告の効果を最大化できる広告代理店を選定頂ければ幸いです。

株式会社アドカルは主にリスティング広告を中心としたWeb広告の集客に強みを持ったマーケティング支援企業です。

貴社のマーケティングパートナーとして、少数精鋭で担当させていただくので、

「少額でリスティング広告を始めてみたい」
「リスティング広告の戦略を立てて欲しい」
「現代理店のリスティング広告のパフォーマンスが良くない」

とお悩みの方は、ぜひ弊社にご相談ください。
貴社のご相談内容に合わせて、リスティング広告戦略のご提案やWeb集客全体の施策のご提案をさせていただきます。

リスティング広告の運用やWeb集客全般にお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください。


▼リスティングの広告戦略立案の方法について詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。


リスティング広告戦略の全て|競合に打ち勝つ戦略立案の方法を公開!

▼SEOとリスティングの違いや使い分け、相乗効果を詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

リスティング広告とSEOの違いや使い分け・相乗効果を徹底解説