遺品整理の集客で成果を出す方法を解説!【効果の出るWeb集客方法】

 
 

この記事でわかること

  • 遺品整理の集客はWeb集客施策に注力すべき理由
  • 遺品整理で集客拡大が可能なWeb集客方法
  • 遺品整理の集客のポイント
谷田 朋貴

監修者プロフィール

谷田 朋貴

一橋大学卒業後、伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社、Web専業広告代理店を経て、株式会社電通デジタルに入社。アカウントプランナーとして国内の大手クライアントに対し、運用型広告を中心にデジタル全体のプロモーション施策の戦略立案・実行に従事。2023年12月、株式会社アドカルを創業。

遺品整理の集客にはWeb上での施策が効果的です。

本記事では、遺品整理のおすすめの集客方法をご紹介いたします。

・遺品整理の集客が上手くいかない理由
・遺品整理の売上や利益拡大につながるWebでの集客方法
・Web集客のポイント

当記事を読めば遺品整理の集客拡大につながるポイントや施策を理解できます。最後までご覧ください。

多くの遺品整理業者がWeb集客施策を実施していますが、思ったような効果が出ず、悩んでいる担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、遺品整理の集客がうまくいかない理由を3つ解説します。

ターゲットが明確に定まっていない

Web集客の施策を実施していく上で、具体的なターゲットの設定が必要になります。

「自社の遺品整理サービスを利用する可能性がある人はどのエリアに住んでいるのか」
「遺品整理を利用する人にはどんなニーズがあるのか」
「遺品整理を利用する人はどのような行動をとるのか」

を明確にすることで、より費用対効果の高い集客が可能になります。

・故人の家が自分が住んでいる場所から遠く離れていて、遺品整理ができない
・遺品が多すぎて自分だけでは整理できない
・故人の逝去のショックで自分で遺品整理する元気がない

自社の顧客データや外部の支援会社を活用して、想定ターゲットを明確にすることも重要です。

ターゲットに対して的確な訴求ができていない

上記で設定したターゲットに対して、適切な訴求でアプローチする必要があります。

例えば安心を重視するユーザーに対しては「見積後の追加費用は無し」や実績など、

ターゲットに対して適切な訴求を行うことで、
予約確度の高いユーザーを自社のWebサイトに集客することが可能になります。

集客施策の外注先選定が失敗している

Webの広告代理店やフリーランスにWeb集客を外注したが、上手くいっていない…というケースもあるかと思います。

要因としては、

・外注先が適切な広告運用やサイト改善の施策を実施できていない
・外注先のレスポンスが遅い
・外注先が言われたことしかやってくれない、積極的な提案が無い

などが考えられます。

特に大きな代理店様ですと、代理店様内でご予算額が大きなクライアント様をエース級またはそれに近い人材が担当し、相対的にご予算が少額のクライアント様は新人やスキルがまだまだ未熟な社員が担当する場合が多いです。

外注先の選定の際には、担当者がきめ細やかな質の高いコミュニケーションをとることが可能か、一定のスキルを持っていて効果が見込める改善・拡大提案を積極的にしてくれるかといったところまで考慮する必要があります。

遺品整理の集客では、優先してWeb集客・Webマーケティング施策に取り組むべきです。ここでは、その理由についてお話しします。

狙いたいユーザーに絞って効率的にアプローチできるため

Web広告を始めとしたWeb集客・Webマーケティング施策は、アプローチしたいユーザーを細かく設定することが可能です。

自社のサービスを利用する可能性の低いユーザーに無駄な広告費をかけることなく、最初から利用確度の高いユーザーのみにアプローチすることができます。

効果計測しながら改善のPDCAサイクルを回せるため

施策の効果がリアルタイムで見えるという点もWeb集客・Webマーケティング施策の特徴です。

施策によっては短期間で数値として成果が出てくるため、課題を洗い出して改善施策をすぐに打つことが可能になります。

PDCAサイクルを回して効果改善していく上で、Web集客・マーケティングは相性が良いと考えられます。

低予算で売上拡大につなげることができるため

低予算で売り上げ拡大に繋げられる可能性もあります。

リスティング広告を始めとする運用型のWeb広告は、特に最低の出稿額が決まっていないため、少額予算でも配信が可能であり、施策内容によっては高い効果を出すことも可能でしょう。

集客施策のスタート段階では、どのような施策が効率よく集客につながるかが不明のため、少額予算でテストを何度も行うことが必要になります。Web集客・Webマーケティング施策はテストマーケティングにも非常に相性が良いと考えられます。

遺品整理のWeb集客を行う前に決めておくべきこと3点についてお話しします。

実施する目的とターゲット設定

Web集客・Webマーケティング施策を実施する上で、実施の「目的」を設定することが重要です。

具体的には下記のような目的設定が考えられるでしょう。

「認知拡大と結婚式場名での検索数の増加を目的に実施したい」
「自社サイト上での来館予約数を最大化するためにWeb広告を実施したい」

目的に応じて、実施すべきWebマーケティング施策のメニューや追うべき指標も変わるため、まずは解像度高く実施目的を設定しましょう。

また、目的を達成するためのターゲット設定も重要です。誰に自社のサービスを利用してほしいかを明確にしないと、その人たちに何をコミュニケーションで伝えるかを決めることができません。まずはターゲットを明確にしましょう。

施策の目標値

Web集客・Webマーケティング施策の目標値の設定も重要です。

定めた目的に応じて、具体的にどのぐらいの期間でどの程度の成果が出れば良いか、施策の目標値を設定する必要があります。

例えば自社サイト上での問い合わせ数の拡大が目的なのであれば、1カ月で●円の投資に対して、Web広告で▲件の来館予約の完了といった具体的な数値も交えて目標を定めます。

余談ですが、この際に物理的に達成不可能な目標を定めてしまうと、特に広告代理店やコンサル会社に施策実施を依頼する際にお互いに首をしめあう苦しい状況に陥ってしまうので、ストレッチしつつもギリギリ達成を目指せる目標をおくことが重要です。

施策の実施期間とご予算の目安

前述の目的や目標値にも関わってきますが、Web集客・Webマーケティング施策を実施する期間と大まかなご予算も決めておきましょう。

例えば新規のお客様向けのキャンペーンの訴求をWeb広告で行う場合、広告の配信期間も厳密に定める必要があります。

また、ご予算については目標値や1件のコンバージョン獲得(問い合わせなど)にかけられるコストを元に算出しましょう。

ここでは遺品整理のWeb集客に効果的な方法を5つ紹介します。

ホームページのSEO対策の実施

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で検索エンジンの最適化を意味します。
自社のWebサイトをGoogle等の検索エンジンで検索した際に上位表示されるようにして、検索からのサイト流入を狙う施策です。

遺品整理サービスの場合、「地域名×遺品整理」などのキーワードのニーズが大きいと想定されます。

MEO対策の実施

MEOとは「Map Engine Optimization」の略でマップ検索エンジンの最適化を意味します。

主にGoogleマップでの検索結果で上位表示されるようにすることで、問い合わせ促進を図る施策になります。

Googleで「●●(特定の地域名) 遺品整理」と検索していただくとわかりますが、基本の情報や口コミ表示のみとなっている施設も多く、最適化がされていない状況です。

競合が多くないうちにMEO対策をしっかりと行い、上位表示を狙いましょう。

リスティング広告の実施

リスティング広告とは、Googleなどの検索エンジンでユーザーが検索したキーワードに連動して表示される広告です。SEOと異なり、上手くいけば短期で効果が見込める施策になります。

遺品整理のサービスが検討される場面は、故人がなくなった直後で緊急度が高いケースが多いです。検索すると広告表示されるリスティング広告は遺品整理と相性が良いと言えるでしょう。

遺品整理の場合は特にリスティング広告を配信するキーワードと、ターゲットに適した広告文の設定が重要になります。

においては主に下記の2パターンのキーワードが考えられます。

①遺品整理サービス名の指名キーワード
②地域×遺品整理などの一般キーワード

特に②のKWに対しては競合の入札があるため、クリック単価(CPC)と呼ばれるユーザーが広告をクリックするたびに発生する費用が①と比べて高くなる傾向にあるので、費用対効果に見合うかを慎重に検討しながら、配信継続の有無を判断する必要があります。

広告文は、前述のとおりターゲットに適した訴求や、料金や地域名の訴求を入れ込むことで、費用対効果の向上を狙いましょう。

ユーザーの検索語句に合わせて、広告文のテキストを動的に反映することができる「広告カスタマイザ」の活用も効果的です。
(例:“千葉 遺品整理”で検索したユーザーに対して、「千葉の遺品整理」が含まれる広告文を配信)

LINE公式アカウントの活用

自社でのLINE公式アカウントの活用もおすすめです。

LINE上での問い合わせを可能にすることで、ユーザー視点で利用がしやすくなり、顧客獲得の拡大を狙うことができます。また、キャンペーン等の実施時にLINE公式アカウントからメッセージ配信を行うことも可能です。

アフィリエイト広告の実施

アフィリエイト広告とは、広告を見たユーザーが実際の商品を購入した場合にその成果に対して費用が発生する「成果報酬型広告」のことを指します。

リスティング広告やディスプレイ広告は、ユーザーが広告をクリックする度に費用が発生するケースが多いため、成果に対して費用が発生するアフィリエイト広告は、より費用対効果に期待できます。

例えば「宅配 クリーニング おすすめ」と検索した際に、各社のサービスを比較するサイトが上位に表示されると思いますが、
そういったサイトも、多くはアフィリエイト広告を掲載しているメディアになります。

宅配クリーニングを検討しているユーザーが検索するKWで上位表示される有力メディアに、アフィリエイト広告を出稿することで、新規のお客様獲得を狙うことが可能です。

アフィリエイト広告を出稿の際には、ASPと呼ばれる広告主とメディアを仲介する代理店と連携する必要があります。遺品整理のアフィリエイト広告を出稿する際におすすめの代理店を下記に紹介します。

A8|広告主数・メディア数日本最大級のASP
https://www.a8.net/

遺品整理のWeb集客にはアフィリエイト広告の実施も有効です。

遺品整理がWeb集客を実施する上で重要なポイントを3つ紹介します。

顧客のニーズを理解する

繰り返しになりますが、ターゲットを明確にしてニーズを深堀り・理解することでより効果的な集客が可能になります。

自社の強みを加味しつつ、抱えている顧客へのヒアリング、データの分析、外部ツール・支援会社の活用によって、想定ターゲットのニーズを明確にしてから、施策を実施していくことが重要です。

競合とのサービス比較を行い、訴求を差別化する

自社の優位性や強みを洗い出し、訴求に落とし込むことで比較検討しているユーザーの興味を引くことが可能になります。

強みのある領域や料金、対応範囲など自社で訴求すべきポイントを検討してみましょう。

打ち手を広げすぎずに効率的な投資を行う

Web集客の施策をあれもこれもと広げすぎてしまい、効果につながらず、さらには効果につながらなかった要因も明確にならないままになっているケースも多く見受けられます。

施策の目的を明確にした上で施策を実施し、実施後も上手くいった・いかなかった要因を分析して、
次回に生かすことが必須になります。

遺品整理の集客はまずWeb集客施策に注力すべきですが、ユーザーとの接点を増やす上でもリソースが確保できるようであれば、Web集客施策と並行してオフライン施策も実施しましょう。

ここでは、オフラインの集客施策について紹介します。

チラシなどのオフライン広告

チラシなどの昔からあるアナログな集客方法も、ご予算が許す限りは実施するべきです。

ユーザー目線に立った時に、オフラインでもWebでも接点があった方が、貴社のサービスに興味を持ちやすいので是非取り組んでみてください。

高齢者施設や行政へのアプローチ

高齢者施設や行政に営業することで、お客様に遺品整理がいざ必要となった際に紹介してくれる可能性があります。

すでに競合の業者が提携している場合はハードルが高いですが、自社のサービス優位性や特徴を理解いただければ提携の余地はあるかと考えております。

遺品整理のWeb集客の成功は事前のリサーチや戦略設計が肝になります。

特に下記のような原因があると、Web集客での成功確度が下がってしまうので注意する必要があります。

・ターゲットの明確化ができていない
・ターゲットに対して的確な訴求ができていない
・集客施策の外注先選定が失敗している

下記のポイントに注意しながら費用対効果の高いWeb集客を実施していきましょう。

・顧客のニーズを理解する
・競合とのサービス比較を行い、訴求を差別化する
・打ち手を広げすぎず、効率的な投資を行う

株式会社アドカルは主にSEO対策を施した公式サイト制作やWeb広告での集客に強みを持ったマーケティング支援企業です。

貴社のマーケティングパートナーとして、少数精鋭で担当させていただくので、

「外注先のレスポンスが遅い、積極的な提案が無い」
「自社のホームページの検索順位を上げたい」
「遺品整理の集客に困っている、効果的なWeb集客の施策を打ちたい」

とお悩みの方は、ぜひ弊社にご相談ください。
貴社のご相談内容に合わせて、Web集客施策のご提案をさせていただきます。

遺品整理のWeb集客にお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください。