LinkedIn広告の費用を詳しく解説【費用相場や課金形態など】

 
 

この記事でわかること

  • LinkedInの費用相場や課金形態
  • LinkedInの配信予算の決め方
  • LinkedInに費用対効果を最大化するポイント
谷田 朋貴

監修者プロフィール

谷田 朋貴

一橋大学卒業後、伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社、Web専業広告代理店を経て、株式会社電通デジタルに入社。アカウントプランナーとして国内の大手クライアントに対し、運用型広告を中心にデジタル全体のプロモーション施策の戦略立案・実行に従事。2023年12月、株式会社アドカルを創業。

「LinkedIn広告を配信したいけど費用はどの程度かかるんだろう」
「何円から配信できるんだろう」

LinkedIn広告の配信を検討されている人の中には、このような疑問を抱かれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでこの記事では「LinkedIn広告の課金形態や費用相場」をどこよりも分かりやすくまとめました。

課金形態や費用相場を把握し、費用対効果を最大化するポイントを理解・実行することでLinkedIn広告の効果を高められるので、ぜひ最後までご覧ください。

LinkedInは2003年5月に米国でサービスが開始され、2023年時点で世界10億人を超えるユーザーが登録している、ビジネス用のSNSです。

アカウントタイプは個人と法人の2種類があり、個人アカウントは自身のキャリアやスキルなどを登録し、他の人々とコミュニケーションをとったり、掲載されている求人に応募できたりします。

LinkedInのプロフィール画面ではユーザーの職務経歴や学歴が目に付く位置に配置され、特定の企業で働いていることやスキルの所持者であることをオープンにしてコミュニケーションを行うSNSになります。

LinkedIn広告はLinkedIn内に広告を掲載できるサービスで、職種や決裁者などにターゲティングを絞って広告配信を行うことができるため、特にBtoB商材は相性が良い広告媒体です。

それでは、LinkedIn広告の最低出稿金額や費用相場、課金形態を詳しく解説します。

LinkedIn広告の最低出稿金額は160円

LinkedIn広告は、最低出稿金額が160円で規定されています。XやMeta広告が1円から出稿可能なことを考えると、他のSNS広告よりも高い水準です。

しかし、特に国内においては他SNS広告と比べてLinkedIn広告は競合の出稿が少ないため、入札額を抑えて効率よく成果を出せる可能性があります。

LinkedIn広告の配信費用相場はおおよそ月間30万円

LinkedIn広告の掲載費用の相場は、おおよそ月間30万円になります。ただし、ご予算規模や実施の目的・目標、他広告媒体の活用状況によって最適なご予算は変動します。

配信にかかる金額は、日予算や全体予算を設定できるので、設定さえしっかり行えばあらかじめ決めたご予算を超過することはありません。

LinkedIn広告の主な課金方式2種類

LinkedIn広告の課金方式は、クリック課金とインプレッション課金の2種類が主になります。

課金額は他の広告主とのオークション形式で決まり、「付値」と呼ばれる入札価格と広告スコアを掛け合わせた数値で判断されます。

広告スコアは、広告のクリック率や広告を見たユーザーの反応から算出される指標です。

それでは、各課金方式の特徴について解説します。

クリック課金

1クリック毎に費用が発生する課金方式です。「CPC課金」とも呼ばれます。

広告が表示されただけでは課金されないため、広告に興味のないユーザーに配信した際に費用が発生せず、費用対効果が高くなる傾向にあります。

商品の問い合わせなど、コンバージョンの獲得に向いている課金方式です。

インプレッション課金

1,000回広告が表示される度に、費用が発生する課金方式です。「CPM課金」とも呼ばれます。

広告が表示されるだけで費用が発生するため、クリックにつながらないと費用対効果が悪くなるリスクはあります。

広告表示に重きをおいた課金形態のため、認知目的での実施の場合は適した課金方式です。

目標コンバージョン単価×目標件数で配信予算を決定

LinkedIn広告の予算を決める方法は以下の通りです。

目標コンバージョン単価(目標獲得単価)×目標件数

コンバージョン単価(目標とするアクション1件あたりにかけられる広告費用)の目標値と目標件数を基に予算を策定します。

例えば、1件の商品問い合わせについて目標コンバージョン単価10,000円、目標件数が月20件の場合、月のご予算は200,000円になります。

1日の予算の設定方法

1日の予算は、広告配信の目的や期間に応じて設定します。最初は少額から始め、進捗を見ながら調整するのも有効な方法ですし、配信期間の日数で均等に配分するのも良いかと思います。

また週末など特定の日に配信を強化したい場合は、その日だけ予算を増やすことも可能です。

ここでは、LinkedIn広告の費用対効果を最大化するポイントを3点解説します。

①目的・ターゲットを明確にしてターゲティングを設定する

LinkedIn広告を実施する上で、実施の「目的」を設定することが重要です。

具体的には下記のような目的設定が考えられるでしょう。

「自社サイト上での問い合わせ数を最大化するためにLinkedIn広告を実施したい」
「LinkedIn広告の実施により良い人材を獲得したい」

目的に応じて、実施すべき施策や追うべき指標も変わるため、まずは解像度高く実施目的を設定しましょう。

目的が決まったらターゲット設定を行います。誰に自社のサービスを利用してほしいかを明確にしないと、その人たちに何をコミュニケーションで伝えるかを決めることができません。

ターゲットを明確に設定することで初めて、ユーザーに何を伝えるかを定めることができます。ターゲットの具体的な設定方法について知りたい方は、下記の記事を必ずご覧ください。

ターゲットが決まったら、そのターゲットにアプローチできる適切なターゲティング設定をLinkedIn広告上で行いましょう。

②ターゲットのニーズやインサイトに合わせたクリエイティブの活用

ターゲティング設定に加えて、クリエイティブにも注力が必要です。

入札やターゲティングは設定さえ済んでしまえば、後はAIによって自動で最適化配信されるため、クリエイティブで差がつくケースが多いです。

アプローチするターゲットのニーズやインサイト、貴社のサービスを利用するまでの行動フローを理解し、伝えるべきことを明確にして、その内容をクリエイティブに落とし込みましょう。

広告のバナーや動画、ランディングページを適切なクリエイティブ内容にすることでLinkedIn広告の費用対効果を最大化させることができます。

③自社データの配信への活用

自社で保持しているデータの広告配信への活用も重要です。

LinkedIn広告では、特定の行動をとったユーザーと同じような興味関心・行動をしている類似ユーザーへの配信も可能であるため、例えば貴社の既存顧客データを活用して配信することも有効です。

もちろん個人情報の取り扱いの規定は、予め貴社サイト内で明示しておく必要があります。

※LinkedIn広告で設定可能なターゲティングの詳細は下記の記事をご覧ください。

LinkedIn広告は、多くの企業が成功を収めている効果的な広告媒体です。例えばあるIT企業ではLinkedIn広告のスポンサードコンテンツを活用し、リード創出において500%成長を達成したという事例があります。

また、BtoB向けにビジネス管理ソフトを提供している会社では他媒体のディスプレイ広告よりも4-5倍多いリードの確保やコンバージョン数がアップしたという実績もあります。

これらの事例から、LinkedIn広告がいかに効果的な施策かということを理解することができます。

それでは、LinkedIn広告の費用対効果を最大化できる広告代理店を選ぶ3つのポイントを解説します。

・自社のニーズに合った代理店を選ぶ
・柔軟な対応が可能な代理店を選ぶ
・成果にこだわってくれる代理店を選ぶ

ご参考になれば幸いです。

自社のニーズに合った代理店を選ぶ

1つ目のポイントは「自社のニーズに合っているか」です。

会社によって、対応メニューや料金、契約期間等が異なるので広告代理店を比較したうえで、自社のニーズを満たす対応をおこなってくれるかを確認しましょう。

確認項目検討すべきポイント
提供メニューWebに強いか、LinkedIn広告は配信できるかなど
最低料金いくらの広告費から出稿してくれるか
初期費用初期費用はかかるか
契約期間契約期間の縛りはあるか

柔軟な対応が可能な代理店を選ぶ

2つ目のポイントは、「柔軟な対応をしてくれるか」という点です。

大手の広告代理店と中小の広告代理店にはそれぞれ良さがありますが、中小の広告代理店であれば小回りも効きますし、貴社の要望に合わせて柔軟な対応をしてくれるでしょう。

特に大きな代理店様ですと、代理店様内でご予算額が大きなクライアント様をエース級またはそれに近い人材が担当し、相対的にご予算が少額のクライアント様は新人やスキルがまだまだ未熟な社員が担当する場合が多いです。

密なコミュニケーションをとりながら、柔軟な対応もしてくれる目黒区の中小代理店がおすすめです。

成果にこだわってくれる代理店を選ぶ

3つ目のポイントは、「成果にこだわってくれるか」という点です。

貴社の広告出稿の目的が例えば「前月比で売上110%」であれば、その成果が期待できる施策を提案してくれるか、目的を達成する上での課題は解決できるかを確認する必要があります。

また、「契約期間の縛りが無いか」という点にも注意が必要です。

目的が達成できていればよいですが、成果が出ていないのに6カ月の契約期間の縛りがあるので解約できない…、という状況に陥る可能性もあるので注意しましょう。

LinkedIn広告の費用相場や課金形態について解説しました。

費用対効果を最大化し、目的の達成を目指しましょう。


LinkedIn広告の運用にお困りではないですか?

株式会社アドカルはLinkedIn広告を含むSNS広告運用に強みを持ったマーケティング支援企業です。

貴社のマーケティングパートナーとして、少数精鋭で担当させていただきます。

・LinkedIn広告を出稿してみたい
・自社で運用しているが、効果が出ないので代理店を探している
・自社内で運用したいがノウハウが無い

上記のようなお悩みをお持ちでしたら是非私たちにご相談ください。株式会社アドカルは貴社のLinkedIn広告の成果を最大化するために「消費者理解の徹底」と「戦略立案」を大事にしております。詳しくは下記のSNS広告運用代行のサービスページをご覧ください。

貴社に最適なプランをご提案させていただきます。