リスティング広告のアカウント構成の手順4STEPをマスター!

 
 

この記事でわかること

  • リスティング広告のアカウントの構造
  • リスティング広告のアカウント構成が重要な理由
  • リスティング広告のアカウント構成の作り方
谷田 朋貴

監修者プロフィール

谷田 朋貴

一橋大学卒業後、伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社、Web専業広告代理店を経て、株式会社電通デジタルに入社。アカウントプランナーとして国内の大手クライアントに対し、運用型広告を中心にデジタル全体のプロモーション施策の戦略立案・実行に従事。2023年12月、株式会社アドカルを創業。

リスティング広告の成果を最大化する上で、正しいアカウント構成を設計することが成功への鍵です。

この記事では、リスティング広告のアカウント構成の重要性と実際の構成手順4ステップをマスターする方法を詳しく解説します。当記事を最後までご覧いただければ、広告効率の最大化、費用対効果の高い運用を実現するためのアカウント構成の重要性を理解し、実行に移すことができるようになるでしょう。

リスティング広告のアカウント構成における階層構造の理解と最適化は、効果的な広告運用に不可欠です。

階層構造は、アカウント、キャンペーン、広告グループ、広告、そしてキーワードという順序で構築されます。それぞれの階層は独自の役割を持ち、連携して全体の広告戦略を支えています​。

アカウント

アカウントは、広告活動の基盤となる最上位の階層です。ここには、企業の基本情報、ログインメールアドレス、パスワード、支払い情報などが含まれます。

一つの企業が複数の商品やサービスを提供している場合でも、一つのアカウントで全てを管理するのが一般的です​。

アカウントで設定できることは下記の通りです。

項目内容
支払い設定広告費用を支払う方法の決定
ログインメールアドレスとパスワードGoogle広告にログインする際のメールアドレスとパスワードの設定

キャンペーン

キャンペーンでは、予算、配信地域、言語、配信スケジュールなどの重要な設定を行うことができます。

異なる商品やサービス、ターゲットごとにキャンペーンを分けるのが一般的です。キャンペーンで設定できる項目は下記の通りです。

項目内容
日予算1日に配信できる予算
配信地域広告を配信するエリアの設定
配信スケジュール時間や曜日、配信開始日、終了日の設定
配信方式検索広告、ディスプレイ広告など、メニューの選定
除外キーワードリスティング広告を非表示にする検索語句
入札戦略手動入札、自動入札の選定
配信デバイス広告を配信するデバイス(スマホ、PC、タブレット)の設定
広告アセット(旧:広告表示オプション)広告とセットで表示するアセット機能の設定
属性ターゲティング広告を配信するユーザーの性別と年代の設定

広告グループ

各キャンペーン内には、広告とキーワードをまとめた広告グループが設定されます。同じテーマや目的を持つキーワードや広告をグルーピングすることで、よりターゲットに特化したメッセージを配信することが可能になります​。

広告グループで設定できる項目は下記の通りです。

設定項目内容
入札価格キーワードの入札価格の設定
配信デバイス広告を配信するデバイス(スマホ、PC、タブレット)の設定
広告アセット(旧:広告表示オプション)広告とセットで表示するアセット機能の設定
属性ターゲティング広告を配信するユーザーの性別と年代の設定

広告

実際にユーザーに表示される広告の具体的な内容を設定します。広告のタイトル、説明文、リンク先URLなどが含まれ、キーワードに対応した適切なメッセージが配信されるように設定します。

基本的には広告グループ配下の広告は1本に絞りましょう。データを分散させないことで、機械学習のスピードを速めることができます。

広告で設定できる項目は下記の通りです。

項目内容
見出し広告の一番上に一表示されるタイトル文字
説明文見出しの下に表示される説明文
リンク先広告をクリックした後に遷移するページURL
パスリンク先URLの一部に表示可能な文字

キーワード

キーワードは、広告が表示されるトリガーとなる語句やフレーズです。ユーザーの検索意図に合わせたキーワードを選定し、それに基づいて広告が表示されるように設定されます。適切なキーワードの選定は、広告効果を最大化する上で極めて重要です。

項目内容
キーワード配信するキーワードの設定
入札価格キーワードの入札価格の設定(手動入札の場合のみ)
マッチタイプキーワードのマッチタイプの設定
リンク先キーワード毎のリンク先設定

リスティング広告における適切なアカウント構成は、広告効果を最大化することにおいて不可欠です。その重要性は、以下の3点に集約されます。

予算の効率的な活用

リスティング広告のアカウントを正確に構成することで、広告予算の効率的な活用が可能になります。

最も大切なのは下図のように効率の良いところに予算を集中投下して、成果を最大化することです。それを実行できるアカウント構成を構築する必要があります。

キャンペーンの本数はなるべく絞りましょう。キャンペーンはアカウント階層の中で唯一、予算をコントロール可能なので分割してしまうと、予算が分散してしまいます。

予算の配分はリスティング広告の戦略にも関わってくるので、キャンペーンは適切に設定しましょう。リスティング広告の戦略の立て方については下記の記事をご覧ください。

データの効率的な蓄積と自動入札戦略の利用

適切に構成されたアカウントは、データの蓄積と自動入札の機械学習を容易にします。

キャンペーンや広告グループをまとめてシンプルにしたアカウント構成であれば、データが分散されずに効率的にデータが蓄積されるので、自動入札の学習スピードも早まり、効果の改善も期待できます。

可能な限り、キャンペーンや広告グループはまとめましょう。

③日々の管理の容易さ

明確な階層構造と整理されたアカウント構成は、日々の管理作業を大幅に軽減します。各キャンペーンや広告グループが適切に区分けされていることで、必要な調整や最適化が迅速に行えます。

さらに、問題が発生した場合にも、原因を特定しやすくなるため、効果的な対策を速やかに実施できます。結果として、広告運用の効率性が高まり、時間とリソースを節約することができます。

リスティング広告の成功は、効果的なアカウント構成から始まります。ここでは、そのプロセスを4つの主要ステップで分解してみましょう。

①キーワード選定

ターゲット設定

ターゲットとなるユーザーのニーズと検索行動を深く理解しましょう。それを元に、最適なキーワードを選定していく必要があります。

ターゲットの設定の重要性については下記の記事をご覧ください。

軸となるキーワードを選定

ターゲットの設定に基づき、中心となる軸キーワードを選定します。

ユーザーがどのようなキーワードで検索するかを考えて、そのキーワードの類義語や言い換えなども洗い出しましょう。

掛け合わせキーワードの選定

軸キーワードにかけ合わせてユーザーが検索するであろうキーワードも洗い出しましょう。

例えば軸キーワードが「自動車学校」であれば、掛け合わせキーワードは「安い」「東京」「二種免許」などになります。

マッチタイプの選択

軸キーワードと掛け合わせキーワードが決まったら、それぞれを組み合わせたキーワードを登録します。

その際に、マッチタイプと呼ばれるキーワードの拡張範囲を決める機能を設定する必要があります。マッチタイプは下記の3種類です。

マッチタイプ仕様
完全一致登録したキーワードと完全に同じ意味の語句で検索された場合に、広告を表示させる
フレーズ一致登録したキーワードと同じ意味の語句を含む場合に、広告を表示させる
部分一致登録したキーワードと意味が異なっても、関連性があれば広告を表示させる

表示範囲のイメージとしては下記をご覧ください。

リスティング広告 マッチタイプ

②広告グループの作成

登録するキーワードとマッチタイプが決まったら、それぞれを広告グループにまとめていきます。

広告のリンク先でまとめる

リンク先のページが異なると広告文も異なる必要があるため、リンク先が同じキーワードは広告グループを必ずまとめましょう。

また、同一キーワードでマッチタイプが異なる場合でも、リンク先が同一の場合は広告グループは一つにまとめます。

訴求別でまとめる

ターゲット別の訴求の出し分けや、商品やサービス別に異なる訴求を出し分ける場合は、訴求別に広告グループをまとめましょう。

ただし、むやみに広告グループを分散させるのはNGです。

③キャンペーンの設定

広告グループが作成出来たら、それぞれをグルーピングしてキャンペーンを作成しましょう。

商材やサービス別にまとめる

予算の配分を決められるのはキャンペーン階層のみであるので、商材やサービス別に予算を分けて費用対効果を見る必要がある場合は、それぞれキャンペーンをまとめましょう。

指名キーワードはキャンペーンを分ける

社名や商品名といった指名キーワードは、クリック単価を抑えて獲得しやすいキーワードです。そのため、他の一般キーワードとはキャンペーンを分けて管理することを推奨します。

日予算の設定

日予算は1日に広告配信する予算のことです。配信期間の広告予算を適切に配分できるように日予算を設定しましょう。

配信期間で毎日均等に配信する、需要の増減トレンドに合わせて日予算を調整するなど、目的に合わせて調整します。

また、Google広告は日予算を超えて配信が出ることがあります。(最大で日予算の2倍まで)

曜日・時間帯・地域ターゲティングの設定

適切なターゲティングを設定し、広告効果の最大化を図りましょう。

GoogleとYahoo!のリスティング広告で設定可能な項目が異なるので、下記のヘルプページをご確認ください。

除外キーワードの設定

除外キーワードの設定

除外キーワードとは、ある特定のキーワードを含む検索語句に対して、あらかじめ広告が表示されないように設定する機能のことを指します。この機能を利用することで、自社の商品やサービスに関連性の低い検索への広告配信をすることなく、広告費用を効率的に活用し、高いコンバージョン率の達成を目指すことが可能になります。

広告アセットの設定(旧:広告表示オプションの設定)

広告表示アセットを設定すると広告の視認性が良くなってクリック率向上につながり、また広告の品質の向上にも関係するので、必ず設定しましょう。

④広告文の作成

広告グループ毎に広告文(タイトル・説明文・リンク先URL)を作成します。

魅力的な広告は、ユーザーの注意を引き、クリックを促す重要な要素です。広告文では、ターゲットユーザーの関心を引くメッセージを伝え、アクションを促すようにしましょう。

また、広告文には自社の商品やサービスを利用することで、ユーザーが得られるベネフィット(便益)を明確に示すことが重要です。魅力的な広告文は、ユーザーの興味を引き、クリック率の向上に直結します​。

悪い例と良い例については、下記の広告文の比較が分かりやすいかと思います。

悪い例:「大型家電も回収可能です。」
良い例:「一人では搬出が困難な大型家電もスムーズに回収させていただきますので、大型家電の処分に困っている方のお悩みを解決できます。」

このように、ユーザーにとってのベネフィットは何かというところまで落としこんで、特長を記載しましょう。

ここでは業種別のリスティング広告のアカウント構成例を解説します。

自動車学校

ターゲット層詳細検索語句
顕在層地域×自動車学校を探している人自動車学校×エリア名、など
準顕在層安い自動車学校を探している人安い・格安×自動車学校、など

獲得確度の高い、自動車学校×エリア名とそれ以外の準顕在層向けでキャンペーンを分けて配信するケースです。準顕在層向けのキーワードは競合出稿も多く、クリック単価が高騰するケースもあるので、ご予算に応じてどこまでキーワードを広げるかは検討する必要があります。

不用品回収

ターゲット層詳細検索語句
顕在層不用品回収してほしい人不用品回収×エリア名、不用品回収 洗濯機など
潜在層家の片付けをしてほしい人家電 回収、家 片付けなど

不用品回収業界はリスティング広告の競合出稿が強いため、基本的には顕在層のみの配信で問題ないです。獲得のとれる顕在層向けのキーワードのキャンペーンをまとめて、効率よく配信しましょう。キーワードの日々の精査も重要です。

Q.キャンペーンはどのように分けるべきでしょうか

A.ユーザーのニーズや検討度合が異なるキーワードを配信する、または配信エリアをいくつかに分けて配信する際にキャンペーンを分割しましょう。なるべくシンプルなアカウント構造にする必要があるので、それ以外の場合はキャンペーンは基本的にまとめるようにするべきです。

Q.広告グループはどのように分けるべきでしょうか

A.製品またはサービス、オーディエンスを複数配信する際には広告グループを分けましょう。複数の製品またはサービスについて訴求する場合は、キーワードを分けて、それぞれ広告文も出し分けた方が良いので、製品・サービス別に広告グループを分けるべきです。

また、オーディエンスを複数配信する際も広告文を出し分ける必要があるので、広告グループを分割します。

Q.広告は広告グループの配下にいくつまで作ってもよいでしょうか

A.基本的には1つだけに絞りましょう。複数作るとデータが分散されるため、学習スピードが落ちるデメリットが存在します。意図をもって複数の広告をテストしたい場合は、2つ以上の広告を作っても問題にないですが、前述のデメリットがあるということは認識しておきましょう。

Q.GoogleやYahoo!、Microsoft広告でアカウント構成のポイントは変わりますか?

A.同じ認識で問題ないです。複数媒体でリスティング広告を実施する場合は、同じアカウント構成で始めましょう。

リスティング広告のアカウント構成の重要性や、作成方法について解説しました。当記事を参考にアカウント構成を設計し、広告効果の改善を図りましょう。


リスティング広告の運用にお困りではないですか?

株式会社アドカルはリスティング広告の運用に強みを持ったマーケティング支援企業です。

貴社のマーケティングパートナーとして、少数精鋭で担当させていただきます。

・リスティング広告を出稿してみたい
・自社で運用しているが、効果が出ないので代理店を探している
・自社内で運用したいがノウハウが無い

上記のようなお悩みをお持ちでしたら是非私たちにご相談ください。株式会社アドカルは貴社のリスティング広告の成果を最大化するために「消費者理解の徹底」と「戦略立案」を大事にしております。詳しくは下記のサービスページをご覧ください。

貴社に最適なプランをご提案させていただきます。