広告ランクを上げる方法を現役運用者が徹底解説!上位表示の秘訣5つ

 
 

この記事でわかること

  • 広告ランクの定義と仕組み
  • 広告ランクを向上させる方法
  • 現役運用者が実践している広告ランクアップのコツ3選
谷田 朋貴

監修者プロフィール

谷田 朋貴

一橋大学卒業後、伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社、Web専業広告代理店を経て、株式会社電通デジタルに入社。アカウントプランナーとして国内の大手クライアントに対し、運用型広告を中心にデジタル全体のプロモーション施策の戦略立案・実行に従事。2023年12月、株式会社アドカルを創業。

リスティング広告の運用において、広告ランクは非常に重要な指標の一つです。広告ランクが上位であれば、より多くのユーザーに広告が表示され、クリック率やコンバージョン数の向上、ひいては売上拡大につながります。しかし、広告ランクを上げるためには、様々な要素を考慮し、適切な運用を行う必要があります。

本記事では、広告ランクの基本概念から、具体的な改善方法、運用のコツまで、広告ランクアップのための情報を網羅的に解説します。媒体の審査基準への理解を深め、キーワードの選定や広告文の作成、入札単価の調整など、実践的なテクニックを身につけることで、広告ランクを上げ、広告効果を最大化することができるでしょう。

記事を通して、皆さんが広告運用の知識とスキルを高め、売上拡大と事業の成長を実現される一助となれば幸いです。

広告ランクの定義と仕組み

広告ランクとは、Google広告の入札オークションにおいて、広告の表示順位を決定する指標です。広告ランクは、広告の品質スコアと入札単価を掛け合わせたものとして算出されます。

品質スコアは、広告の関連性、クリック率(CTR)、リンク先ページの品質などから総合的に判断されるスコアです。つまり、同じ入札単価の場合、品質スコアが高い広告がより上位に表示される仕組みになっています。 

広告ランク上位のメリット

広告ランクが上位であることは、様々なメリットがあります。まず、広告のクリック率(CTR)が高くなる傾向にあります。実際、1位の広告は2位以下と比べてクリック率が約2倍になるというデータもあるほどです。

また、広告が上位に表示されることで、ブランド認知度や信頼度が向上し、コンバージョン率にも好影響を与えます。さらに、クリック率の改善によって品質スコアが上がれば、同じ予算でより多くのクリックを獲得できるため、広告費用の削減にもつながる可能性があります。

このように、広告ランクを上げることは、広告効果を最大化し、事業の成長を促進する上で非常に重要なのです。

広告のクリック率(CTR)を高める工夫

広告ランクを上げるためには、広告のクリック率(CTR)を高める工夫が欠かせません。まず、ターゲットキーワードを広告文に盛り込むことで、検索クエリとの関連性を高めましょう。

また、広告文に数字や記号を活用し、目立つ表現で注目度をアップさせるのも効果的です。ユーザーの興味を引く魅力的なキャッチコピーを作成することも重要です。さらに、広告Extensions(電話番号、所在地情報など)を活用することで、広告の視認性と利便性を高めることができます。

広告の品質スコアを改善するポイント

広告ランクを上げるもう一つの鍵は、広告の品質スコアを改善することです。そのためには、広告グループ内のキーワードを関連性の高いものに絞り込み、テーマを統一することが大切です。

また、リンク先ページの内容と広告文の内容を一致させ、ユーザー体験を向上させましょう。ページの読み込み速度を高速化し、モバイルフレンドリーなサイト設計にすることも品質スコアの改善につながります。加えて、ページ滞在時間を増やし、直帰率を下げるためにコンテンツの質を高めることも忘れてはいけません。

1. ターゲットキーワードの選定と活用方法

広告ランクを上げるためには、適切なターゲットキーワードを選定し、効果的に活用することが重要です。まず、商品やサービスに関連する検索ボリュームの高いキーワードを選定しましょう。

また、ロングテールキーワードを活用することで、競合他社との差別化を図ることができます。

キーワードプランナーなどのツールを使えば、関連キーワードの発見もスムーズです。選定したキーワードは、広告文や見出しに自然に盛り込むようにしましょう。

2. 広告文の作成テクニック

広告文の作成においては、いくつかの効果的なテクニックがあります。まず、広告文の見出しに、ターゲットキーワードと数字を盛り込むことで、ユーザーの注目を集めることができます。

例えば、「広告ランクを上げる5つの方法」といった具合です。また、説得力のあるアクションフレーズを使い、ユーザーを行動に移させるのも重要です。「今すぐチェック」や「無料で試す」などの言葉を活用しましょう。

さらに、ユーザーのペインポイントを捉え、解決策を提示することで、共感を得ることができます。広告文の説明文では、製品やサービスの具体的なメリットを訴求するようにしましょう。 

3. リンク先ページの最適化

広告のリンク先ページを最適化することも、広告ランクを上げるために欠かせません。まず、ページタイトルとメタディスクリプションにターゲットキーワードを含めるようにしましょう。

また、ページの見出しタグ(H1、H2など)にもキーワードを盛り込むことが大切です。ページ内容は、キーワードに関連する有益な情報で構成し、ユーザーにとって価値のあるものにしましょう。画像を使用する際は、alt属性を設定し、キーワードを含めるのも効果的です。

実際に、これらの最適化を行ったところ、広告のクリック率が1.5倍に上昇し、コンバージョン数も30%増加したという事例もあります。広告ランクを上げるために、これらの具体的な方法を実践していきましょう。

4. 入札単価の調整

広告ランクを上げるためには、入札単価の調整が重要な要素となります。入札単価は、キーワードの競合度によって調整が必要です。高競合キーワードの場合、入札単価を上げることで広告ランクを上げられる可能性があります。

一方、低競合キーワードの場合は、入札単価を下げてもランクを維持できる場合があります。ただし、入札単価の調整は、広告予算とのバランスを考えながら行う必要があります。広告予算を効率的に活用しつつ、最適な入札単価を設定することが求められます。 

5. A/Bテストによる改善

広告ランクを上げるもう一つの方法は、A/Bテストを活用した改善です。A/Bテストとは、広告文や掲載ページの異なるバージョンを用意し、それぞれの効果を比較検証する手法です。まず、A/Bテストを実施し、結果を分析します。そして、より効果の高いバージョンを採用することで、広告パフォーマンスを改善していきます。

広告文のA/Bテストでは、見出し、説明文、クリックボタンの文言などを変更して検証します。例えば、「期間限定キャンペーン」と「今だけ特別価格」のどちらが効果的か、といった具合です。一方、掲載ページのA/Bテストでは、レイアウト、デザイン、コピーなどを変更して検証します。ユーザーにとってより魅力的で、行動を促すページを作り上げることが目的です。

実際に、ある企業がA/Bテストを実施したところ、広告文の最適化によってクリック率が2倍に上昇し、掲載ページの改善によってコンバージョン率が25%向上したそうです。このように、A/Bテストを活用した継続的な改善が、広告ランクアップの鍵となるのです。

1. 競合他社の広告文を研究して差別化する

広告ランクを上げるには、競合他社との差別化が重要です。まずは、競合他社の広告文を徹底的に調査し、頻出のキーワードや表現パターンを分析しましょう。

そして、競合他社と異なる独自のキーワードや表現を使って、差別化を図ります。競合他社にはない独自の価値提案やメリットを広告文で訴求することで、ユーザーの興味を引き付けることができます。 

2. 季節や時間帯によって入札単価を変動させる

広告運用では、季節や時間帯によって入札単価を戦略的に変動させることが効果的です。まず、商品やサービスに対する需要が高まる季節や時間帯を把握しましょう。

需要の高い期間は入札単価を上げ、広告ランクを上げることで売上増加を狙います。一方、需要の低い期間は入札単価を下げ、広告費用を抑えつつ一定のランクを維持するのがコツです。 

3. 除外キーワードを活用して無駄なクリックを防ぐ

除外キーワードを活用することで、無駄なクリックを防ぎ、広告費用を最適化することができます。除外キーワードとは、広告が表示されては困るキーワードのことです。

例えば、「無料」などのキーワードを設定しておけば、無料を求めるユーザーに広告が表示されるのを防げます。除外キーワードは定期的に見直し、必要に応じて追加・削除することが大切です。

広告運用担当者の中には、これらのコツを活用し、広告ランクを大幅に上げることに成功している人もいます。皆さんも、これらのコツを参考に、広告ランクアップに取り組んでみてはいかがでしょうか。

ポリシー違反になりやすい広告表現の具体例

広告ランクを上げるためには、Googleの広告ポリシーを遵守することが大前提です。ポリシー違反になりやすい広告表現には十分注意しましょう。

例えば、「世界一の商品」や「絶対に痩せる」といった誇大広告や根拠のない主張は避ける必要があります。

比較広告を行う際は、具体的な数値や客観的な根拠を示すことが求められます。また、公序良俗に反する表現や、差別的な表現は厳禁です。著作権や商標権を侵害する表現にも注意が必要です。 

アカウント停止につながった失敗談

広告ポリシーに違反すると、最悪の場合、アカウント停止処分を受ける可能性があります。

弊社の事例ではないですが、実際に根拠のない効果をうたった広告文で、ポリシー違反と判断されたケースも存在します。競合他社の商標を無断で使用し、トラブルに発展したという失敗談もあります。さらに、広告リンク先のページが存在しなくなり、ポリシー違反になったこともあるそうです。

広告ランクを上げることは重要ですが、ポリシーを守ることが何よりも大切です。これらの注意点を踏まえ、コンプライアンスを徹底しながら、適切な広告運用を心がけましょう。

記事のポイントまとめ

この記事では、広告ランクを上げるための具体的な方法や運用のコツについて詳しく解説しました。

適切なキーワードの選定と活用、広告文や掲載ページの最適化、A/Bテストによる継続的な改善が重要なポイントです。また、競合他社の動向を把握し、差別化を図ることも大切です。

広告ポリシーを遵守し、適切な広告運用を心がけることは言うまでもありません。

広告ランクを上げるための実践的アドバイス

広告ランクを上げることは、クリック率の向上によるコンバージョン数の増加、ブランド認知度や信頼度の向上、広告費用の効率化と売上拡大など、様々なメリットがあります。競合他社に対する優位性を確立することにもつながります。

皆さんも、この記事で紹介した方法やコツを実践し、広告ランクアップに取り組んでみてください。適切な広告運用によって、売上拡大と事業の成長を実現しましょう。広告ランクを上げることは、時間と努力を要する地道な作業ですが、その先にある成果は大きなものがあります。ぜひ、挑戦してみてください。

株式会社アドカルは主にWeb広告やSEO対策での集客に強みを持ったマーケティング支援企業です。

貴社のマーケティングパートナーとして、少数精鋭で担当させていただくので、

「外注先のレスポンスが遅い、積極的な提案が無い」
「リスティング広告の成果を改善した」
「効果的なWeb集客の施策を打ちたい」

とお悩みの方は、ぜひ弊社にご相談ください。
貴社のご相談内容に合わせて、Webマーケティング施策のご提案をさせていただきます。

Webマーケティングにお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください。