弁護士のリスティング広告で爆発的な集客を生む方法【24年最新版】

弁護士の集客にはリスティング広告が効果的です。

本記事では、弁護士のリスティング広告を活用した集客の方法やポイントをご紹介いたします。

・リスティング広告とはどのような施策なのか
・弁護士事務所でリスティング広告を行うメリット
・弁護士事務所の売上拡大につながるリスティング広告のポイント

この記事を読んでいただければ弁護士事務所で実施すべきリスティング広告の方法が分かり、集客・売上拡大に繋げることができると考えております。

※弁護士事務所のリスティング広告以外のWeb集客全般に関するポイントについて詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。
弁護士の集客方法7選|マーケティングで売上アップ!【プロ監修】

この記事の監修者

目次

【概要】検索結果の画面に表示されるクリック課金型のWeb広告

リスティング広告とは、Googleなどの検索エンジンでユーザーが検索したキーワードに連動して表示される広告です。

ユーザーの検索キーワードに連動して配信されるので、「検索連動型広告」とも呼ばれます。

リスティング広告

リスティング広告はクリック課金型になります。ユーザーに1クリックされるたびに課金が行われます。1クリックの費用は配信するキーワードによって異なります。

リスティング広告の基本や仕組みについては『リスティング広告とは|仕組み・運用・成功の秘訣を初心者向けに解説」の記事で詳しく解説しております。

サービスの利用確度の高いユーザーに広告配信が可能

リスティング広告は、設定した特定のキーワードを検索したユーザーにのみ広告配信が行われるので、既に弁護士事務所のサービスに興味を持っている顕在層にアプローチできるのが特徴です。

短期間で効果が出る

リスティング広告の特徴として、上手くいけば短期で効果が出るという点があげられます。広告審査が通れば最短で当日に配信開始できるケースもあります。

直ぐにWebサイトに集客を行って効果を見たいという場合は、リスティング広告を実施すれば可能になります。

少額予算でも成果が出やすい

リスティングは顕在層に広告を配信できて、かつクリック課金制のため、少額予算でも成果が出やすい施策になっています。

まずは少額予算で配信して、効果が良いようであれば増額していくといった対応も可能なので、スモールスタートしやすい施策になります。

実際にリスティング広告を配信する前に、戦略を立てる必要があります。まずは、リスティング広告を行う目的や実施にあたっての目標を明らかにした後、自社のサービスや既存顧客を分析し、アプローチすべきターゲットの設定をしましょう。

ターゲット設定を明確にすることで、リスティング広告で訴求すべきことが初めて分かります。ここのターゲット設定の質が低いとリスティング広告の失敗につながります。

下記の記事でリスティング広告の戦略の立て方を具体的に解説しておりますので、必ずご覧ください。

リスティング広告戦略の全て|競合に打ち勝つ戦略立案の方法を公開!

ターゲット設定を元に、検索可能性のあるキーワードを洗い出す

設定したターゲットのカスタマージャーニーを想像しながら、検索される可能性のあるキーワードをピックアップしましょう。

その際に、ツール等も活用し候補となるキーワードを洗い出します。

例えば「対応エリアの地域名・駅名×弁護士事務所」は近くの弁護士事務所を探している多くのユーザーが検索しているキーワードであり、自社のサービスともマッチしているのでキーワード登録は必須です。

加えて弁護士事務所においては、筆者の経験に基づくと下記のキーワードなども出稿余地があります。

費用や相場系の検索キーワード
口コミ×弁護士事務所の検索キーワード

サービス利用につながりやすいキーワードを優先度高く設定

洗い出したキーワードの中でも、特に弁護士事務所のサービス利用確度が高いユーザーが検索してるキーワードは優先度高く設定します。

例えば自社・サービス名のキーワードや「弁護士事務所 相続 江東区」などの利用を前提に検索されているであろうキーワードは優先して登録しましょう。

ターゲット設定を元に、ユーザーが得ることのできる便益(ベネフィット)を訴求

設定したターゲットのカスタマージャーニーを想像しながら、ユーザーが自社を利用することによって得られる便益(ベネフィット)を広告文で訴求しましょう。下記は訴求要素の例になります。

・営業日や営業時間
・口コミが良い
・対応スケジュール
・事前のお見積りの有無
・各種サービスの内容

筆者の経験や実績に基づくと、広告文を作成する際のコツとしては、作成してみた後に、貴社の一方的な特徴の押し付けになっていないか、ユーザーにとって利便性のある訴求になっているかを確認しましょう。あくまでもユーザー目線に立つことが大事です。


リスティング広告で弁護士事務所の集客を拡大数するにあたり、広告の遷移先であるランディングページは、サービスを利用してもらうための重要な受け皿になります。

リスティング広告でランディングページに集客できたとしても、ユーザーがランディングページを見て、知りたい情報が載っていないなどのニーズとの不一致があれば、サービスの利用をやめてしまう可能性もあります。

弁護士事務所におけるリスティング広告の成果を伸ばす、ランディングページの構成のポイントについて解説します。

トップビューに事務所の所在地や営業時間や料金、自社の強みを簡潔に明示

ユーザーがサイトに訪れて最初に目に入るトップビューは、貴社の印象を決める最も重要な箇所になります。

ユーザーがまず貴社に関して知りたい情報として、

・事務所の所在地
・営業時間や料金について
・この弁護士事務所の特徴は何か


が想定できます。

したがって、トップビューには事務所の所在地や営業時間・料金に関する情報、貴社の強みを簡潔に訴求しましょう。

自社の特長を明示し、ユーザーのベネフィットを伝える

自社の特長を3点~5点ほど明記し、他の弁護士事務所と比較検討しているユーザーに選んでもらえる理由をつくりましょう。

筆者の経験や実績に基づくと、その特徴によってユーザーにどのようなベネフィットを与えるのかという点まで言及する必要があります。

悪い例と良い例については、下記が分かりやすいかと思います。

悪い例:「交通事故案件に強いです。」
良い例:「交通事故案件に強く、交通事故の賠償額に不満のある方のお悩みに寄り添います。」

このように、ユーザーにとってのベネフィットは何かというところまで落としこんで、特長を記載しましょう。

スタッフの想いについての掲載

ユーザーが弁護士事務所を検討する際に、スタッフの印象も重要な要素になります。ユーザーからの信頼感を得ることが重要です。

ユーザーに「信頼できそうな弁護士事務所だな」と感じてもらえるように、スタッフの写真とスタッフのお客様に対する想いを掲載しましょう。

サービス内容の記載

サービス内容の詳細について記載しましょう。

メニューの内容によってはここまで対応してくれるのかとユーザーに感じてもらい、利用確度を高めることができます。

お客様の声

実際にサービスを利用した方の声も載せられるとなお良いです。

ユーザーが比較検討する際に、口コミや体験談を重視するため、お客様の声があると安心して貴社を選ぶことができます。

対応エリアの明示

トップビューでも対応エリアの情報について訴求するべきですが、別箇所にも対応エリアを示しておきましょう。

ここでは、リスティング広告以外のWeb集客施策について、費用対効果の面で優先度が高い施策を2つご紹介します

SEO対策の実施

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で検索エンジンの最適化を意味します。
自社のWebサイトをGoogle等の検索エンジンで検索した際に上位表示されるようにして、検索からのサイト流入を狙う施策です。

では何をすればWebサイトが上位表示されるようになるのでしょうか。

その本質はシンプルで、「ユーザーが求めるサイトコンテンツ」を作ることです。
ユーザーがどのようなニーズでそのキーワードを検索して、どのような情報を求めてサイトにたどり着くのかといったことを考えて、サイトコンテンツを磨き上げることが重要です。

GoogleがSEOに求める内容は検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドにまとまっているので、SEO対策を理解する上で必ず確認しておきましょう。

SEOの最大のメリットとしては、一度上位表示がされれば、広告費をかけずとも継続的に集客が可能であるという点です。

弁護士のSEO対策については下記の記事で詳しく解説しております。
弁護士のSEO対策でホームページを上位へ!成果の出る施策を解説!

MEO対策の実施

MEOとは「Map Engine Optimization」の略でマップ検索エンジンの最適化を意味します。

主にGoogleマップでの検索結果で上位表示されるようにすることで、問い合わせ促進を図る施策になります。

Googleで「●●(特定の地域名)弁護士事務所」等で検索していただくとわかりますが、ほとんどの弁護士事務所は基本の情報や口コミ表示のみとなっており、最適化がされていない状況です。

競合が多くないうちにMEO対策をしっかりと行い、上位表示を狙いましょう。弁護士の成果の出るMEO対策は下記の記事で詳しく解説しております。
弁護士のMEO対策でGoogleマップ上位表示を狙う方法を解説!

リスティング広告がなぜWebマーケティングで重要視されているのですか?

顕在層ユーザーにアプローチできて、短期間で効果が出る可能性もあり、少額予算で高い効果を出すこともできるためです。

リスティング広告のキーワード選定でおすすめのツールはありますか?

Googleのキーワードプランナーラッコキーワードがおすすめです。

ターゲット選定から外部の支援会社に依頼することは可能ですか?

可能です。弊社株式会社アドカルでも貴社のターゲットを考えるところからご支援できればと考えておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

弁護士事務所のリスティング広告は事前のリサーチやターゲット設定、ターゲットユーザーのニーズにあったキーワード選定、広告文作成が肝になります。また、成果をより伸ばすにはリスティング広告の受け皿となるランディングページの構成も重要です。

当記事を参考にリスティング広告を実施すれば、集客の成功につながることでしょう。

株式会社アドカルは主にリスティング広告をはじめとするWeb広告やSEO対策・MEO対策をメインとした集客に強みを持ったマーケティング支援企業です。

貴社のマーケティングパートナーとして、少数精鋭で担当させていただくので、

「リスティング広告を始めてみたい」
「リスティング広告を実施しているが、なかなか成果が出ない」
「ランディングページの改善アドバイスが欲しい」

とお悩みの方は、ぜひ弊社にご相談ください。貴社のご相談内容に合わせてご提案をさせていただきます。

弁護士事務所のWeb集客にお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください。