リスティング広告のクリック率の目安や平均、上げる方法について解説

 
 

この記事でわかること

  • リスティング広告の業種別クリック率の目安や平均
  • リスティング広告のキーワード種類別のクリック率について
  • リスティング広告のクリック率を劇的に上げる方法
谷田 朋貴

監修者プロフィール

谷田 朋貴

一橋大学卒業後、伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社、Web専業広告代理店を経て、株式会社電通デジタルに入社。アカウントプランナーとして国内の大手クライアントに対し、運用型広告を中心にデジタル全体のプロモーション施策の戦略立案・実行に従事。2023年12月、株式会社アドカルを創業。

リスティング広告の効果を最大化するためには、クリック率(CTR)を高める工夫が重要です。

クリック率は、広告が表示された回数に対して、何回クリックされたかを示す指標です。この数値が高ければ高いほど、より多くのユーザーが広告に興味を持っていると言えます。

一方で、クリック率に適切な目標値を設定し、効果的に改善していくことは決して簡単ではありません。業種・業界やキーワードの種類によってCTRの平均値は大きく異なります。

本記事では、リスティング広告のクリック率の一般的な目安や平均値を紹介するとともに、クリック率を確実に上げるための具体的なテクニックについて解説します。

クリック率(CTR)とは

クリック率(CTR)は、リスティング広告の表示回数に対するクリック数の割合を指す指標です。具体的には以下の式で計算されます。

クリック率 = クリック数 / 広告表示回数 × 100(%)

クリック率が高ければ高いほど、サイトへの流入数が増えるため、コンバージョン獲得の機会も高まります。

そのため、リスティング広告を運用する上でクリック率は重要な指標となります。

リスティング広告の業界別クリック率の目安や平均値

自社のクリック率の目標を定める上で、どの程度を目安にすればよいでしょうか。

クリック率は業界や提供している商材によって変わります。

参考値としてアメリカのWordStreamという広告会社が調査した、Googleのリスティング広告の業種別平均クリック率をご紹介します。業界によって、クリック率の平均値に差異があります。

業界平均CTR
自動車4.00%
B2B2.41%
消費者向けサービス2.41%
出会い系サービス6.05%
EC2.69%
教育3.78%
求人サービス2.42%
金融&保険2.91%
医療保険3.27%
家庭用品2.44%
産業サービス2.61%
法律2.93%
不動産3.71%
IT・テクノロジー2.09%
旅行関連4.68%

同じ業界でも取り扱う商品によってクリック率は変動するので、あくまで参考値としてご確認ください。

リスティング広告のクリック率は、業界・業種だけではなく、キーワードの種類によっても変動します。ここではキーワードの種類別のクリック率について解説します。

指名キーワードのクリック率は高い

指名キーワードとは自社名や商品名、ブランド名などのキーワードを指します。「株式会社アドカル」や「株式会社アドカル リスティング広告」は指名キーワードです。

指名キーワードを検索するユーザーは、自社の商品やサービスに興味を持って検索しているので、クリック率が高い傾向にあります。

目安として指名キーワードのクリック率は15%~30%程度になります。

一般キーワードのクリック率は低い

一般キーワードは、指名キーワード以外のキーワードです。例えば「リスティング広告 運用代行」や「SEO対策 広告代理店」は一般キーワードです。

一般キーワードを検索するユーザーは、指名キーワードの検索ユーザーに比べると自社の商品やサービスに対するニーズが顕在化していないので、他社と比較検討していることもあり、クリック率が低くなる傾向にあります。

目安として一般キーワードのクリック率は1%~5%になるケースが多いです。

リスティング広告のクリック率が低い場合、要因がいくつか考えられます。ここでは主な要因を3つ紹介します。

リスティング広告のクリック率が低くなる要因3点

1.適切なキーワードを選定できていない

自社の商品やサービスにマッチしたキーワードを選定できていないと、クリック率は低くなります。

ターゲットが検索しているキーワードを想定し、ニーズに合致するキーワードを設定しましょう。

2.ユーザーニーズにマッチした広告文を配信出来ていない

ユーザーのニーズに合っていない広告文を配信している場合はクリック率が低下します。

ユーザーが広告を自分のニーズに合わない内容だと判断した場合、広告はクリックされません。

例えば、「自動車免許 東京 安い」と検索したユーザーに対して、「東日本のおすすめ自動車教習所」という訴求の広告文を配信した場合、ユーザーのニーズである「東京で安く免許を取りたい」を満たしていないので、広告のクリック率は低下します。

このように、ユーザーのニーズにマッチした広告文を作成して配信する必要があります。

3.広告の掲載順位が低い

広告の掲載順位が低い場合、広告表示されてもユーザーにクリックされにくいため、クリック率が低下します。

リスティング広告の掲載順位は広告ランクによって決まります。

広告ランクとは、Google広告の入札オークションにおいて、広告の表示順位を決定する指標です。広告ランクは、広告の品質と上限クリック単価(入札単価)、広告アセットなどによって決定されます。


広告の品質は、Googleのリスティング広告がユーザーに提供する価値の度合いを指します。

これは、広告がユーザーの検索クエリや意図にどれだけ適合しているか、提供されるランディングページの体験がどれだけ質が高いか、そして広告自体がどれだけ関連性があるかによって決定されます。同じ入札単価の場合、広告の品質が高い広告がより上位に表示される仕組みになっています。 

広告ランクを高めるには、主に広告の品質と上限クリック単価(入札単価)が重要です。

ここでは、リスティング広告のクリック率を劇的に改善する方法を4つ紹介します。

リスティング広告のクリック率を劇的に改善する施策4選

1.キーワードの追加や精査

1-1.ユーザーのニーズにマッチしたキーワードの追加

クリック率を上げるには、ターゲットにあった適切なキーワードを選定し活用することが重要です。商品やサービスと関連性の高いキーワードを選定しましょう。

また、検索語句のレポートを見て、検索ニーズの高い語句をキーワードとして登録しましょう。

Google広告で左側メニューの「検索語句」を押すと検索語句別のデータを確認できます。

検索語句を費用降順に並べて、クリック率が高く、コンバージョンが獲得できている検索語句が配信キーワードとして登録できているか確認しましょう。登録していない場合はすぐに登録すべきです。

1-2.クリック率が低く、CVにつながっていないキーワードの停止

また、クリック率が低く、CVにつながっていない配信キーワードを停止しましょう。

その際にクリック数や配信費用が多い、停止すると改善インパクトのあるキーワードを選ぶのがポイントです。

注意点として、クリック率が低くても、効率よくコンバージョンにつながるキーワードは停止しないようにしましょう。リスティング広告の実施目的がコンバージョン数の拡大なのにもかかわらず、クリック率が低いという理由でコンバージョンが取れているキーワードを停止するのは本末転倒です。

コンバージョンにつながっておらず、クリック率も低いキーワードを停止しましょう。

2.魅力的な広告文の作成

ユーザーの悩みやニーズを捉え、それを商品やサービスを利用することで解決できるという点を広告文で訴求することで、コンバージョンにつながる可能性の高いユーザーが広告をクリックしやすくなります。

また、ユーザーのクリック率を高める、魅力的な広告文の作成にはいくつかの効果的なテクニックがあります。まず、広告文の見出しに「コンバージョン率を改善する5つの方法」といったようにターゲットキーワードと数字を盛り込むことで、ユーザーの注目を集めることができます。

また、説得力のあるアクションフレーズを使い、ユーザーを行動に移させるのも重要です。「今すぐチェック」や「無料で試す」などの言葉を活用しましょう。

3.広告のマッチタイプを絞る

マッチタイプはリスティング広告を表示する際に表示範囲を設定できる機能です。マッチタイプは完全一致、フレーズ一致、部分一致の3種類あります。

マッチタイプ


もし、表示範囲が広い部分一致を活用していて、コンバージョンが獲得できず、クリック率が低い場合はフレーズ一致に絞ってみましょう。クリック率が改善する可能性があります。

4.広告アセットを網羅的に設定する

広告アセットを登録すると、広告ランクの上昇につながります。広告ランクがあがると、掲載順位が上昇し、クリック率が高まります。

広告ランクの算出


広告ランクを高めるには、主に広告の品質と上限クリック単価(入札単価)が重要ですが、広告アセットを網羅的に設定することも広告ランク向上につながります。

広告ランクが上がると、入札単価が低くても上位掲載できる可能性が高まり、クリック率が高まるので広告アセットは必ず設定しましょう。

リスティング広告のクリック率を改善する方法を解説してきました。ただし、ここまでで取り上げたキーワードの選定、広告文の改善などはリスティング広告の戦略にもとづく戦術になります。

つまり適切な戦術を実施する上で、改めて戦略を見直すことも必須です。

ここからは、戦略を見直す上で必要な3つのステップを解説します。イメージがつきやすいように比較的安価だが宿泊施設は無い個室サウナで集客を行うと仮定して、リスティング広告の戦略を立案します。

1.達成すべき目的・目標とKPIの見直し

まずは、達成すべき自社の目的・目標を改めて見直しましょう。

自社サービスの販売促進・認知拡大といった大枠でとらえた目的から、商品のEC上の売上拡大やサイトでのリード獲得などより具体的な目的・目標設定もよいでしょう。

その目的・目標設定に対して、中間ゴールとなるKPIを定める必要があります。

目標が売上高の場合は、KPIは商品購入数や問い合わせ数になります。KPIを立てる際の注意点としては、なるべく数値化可能な指標にしましょう。数値化していないと進捗を追えないので、KPIとしては不適切です。

今回の個室サウナで目的・目標・KPIを設定する場合、下記のような内容になります。

目的 目標 KPI

2.ターゲットを明確にするために3C分析を行う

3C分析とはCustomer(市場)、Company(自社)、Competitor(競合)の3つの観点を踏まえて自社の現状を分析するフレームワークのことをさします。

自社の商品が属している市場の状況や自社の優位性・ユーザーから好まれている点、競合のサービスや施策状況を分析した上で、自社が狙うべきターゲットとなるユーザーを改めて明確化します。

そして、ターゲットとなり得るユーザーが、普段どのようなことを考えて行動しているか、どのようなメディアをみているか、商品を比較検討する際にどんな感情・気持ちの変化があるのかを分析しましょう。

今回の個室サウナで3C分析とターゲット設定を行う場合、下記のような内容になります。

ターゲットを明確にするために3C分析を行う

3.目的やターゲット設定を踏まえて戦略を定める

最後に目的や目標、KPIと設定したターゲットを踏まえながら、目的を達成するための方針を立てます。リスティングの場合は、具体的に「誰に何を伝えるか」という方針が決まれば、それが戦略になります。

今回の個室サウナで集客する場合のリスティング広告戦略の立案例です。

目的やターゲット設定を踏まえて戦略を定める


戦略を改めて見直すことで、どのようなキーワードを設定すべきか、ユーザーのニーズにマッチした広告文とLPはどのような内容で何を訴求すればよいのかが定まり、リスティング広告のコンバージョン率改善につながります。

Q.記事で紹介されていた方法以外にクリック率を高める施策があれば教えてください

Q.レスポンシブ検索広告のアセット毎のクリック率を確認したいです

リスティング広告のクリック率の目安や平均、改善方法について詳しく解説しました。

皆さんも、この記事で紹介した方法やコツを実践し、広告効果の改善に取り組んでみてください。適切な広告運用によって、売上拡大と事業の成長を実現しましょう。


リスティング広告の運用にお困りではないですか?

株式会社アドカルはリスティング広告の運用やLPの制作に強みを持ったマーケティング支援企業です。

貴社のマーケティングパートナーとして、少数精鋭で担当させていただきます。

・リスティング広告を出稿してみたい
・自社で運用しているが、効果が出ないので代理店を探している
・効果の出るLPを制作したい

上記のようなお悩みをお持ちでしたら是非私たちにご相談ください。株式会社アドカルは貴社のリスティング広告の成果を最大化するために「消費者理解の徹底」と「戦略立案」を大事にしております。詳しくは下記のリスティング広告に関するサービスページをご覧ください。

貴社に最適なプランをご提案させていただきます。