リスティング広告の効果を最大化する5つの実践ポイント|事例も解説

 
 

この記事でわかること

  • リスティング広告の効果が高い理由
  • リスティング広告の効果を最大化する5つのポイント
  • リスティング広告で効果が出ない場合の共通点と対策
谷田 朋貴

監修者プロフィール

谷田 朋貴

一橋大学卒業後、伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社、Web専業広告代理店を経て、株式会社電通デジタルに入社。アカウントプランナーとして国内の大手クライアントに対し、運用型広告を中心にデジタル全体のプロモーション施策の戦略立案・実行に従事。2023年12月、株式会社アドカルを創業。

「リスティング広告の効果について詳しく知りたい」
「リスティング広告の効果を良くしたい」
「リスティング広告の効果を最大化させる方法を知りたい」

という疑問を持たれている方向けにリスティング広告の効果が高い理由や効果を最大化するポイントについて解説します。

リスティング広告は、貴社の売上拡大につながる重要な施策です。この記事を読んでいただければ「リスティング広告の効果」についての理解が深まり、効果を最大化するポイントを理解し、実行することができます。

是非最後までご覧ください。

リスティング広告とは、Googleなどの検索エンジンでユーザーが検索したキーワードに連動して表示される検索連動型広告です。※リスティング広告は検索連動型広告とディスプレイ広告がありますが、今回の記事は検索連動型広告に絞ってお話します。

リスティング広告

また、リスティング広告はクリック課金型になります。ユーザーに1クリックされるたびに課金が行われます。1クリックの費用は配信するキーワードによって異なります。

リスティングは獲得を目的とした場合、ディスプレイ広告やSNS広告と比較しても獲得効率が良いです。
その理由について解説します。

顕在層ユーザーに広告配信が可能

リスティング広告は、ユーザーが検索エンジンで特定の検索語句を検索した際に表示されることから、その時点で特定の製品やサービスに関心がある顕在層ユーザーに直接アプローチできる最大のメリットがあります。これは他のWeb広告の施策やメニューと大きく異なる点になります。

これにより、高いクリック率とコンバージョン率を期待することができます。

ここでは具体的な実績を元に、リスティング広告の効果を解説します。

予算10万円での効果

リスティング広告は少額でも実施が可能です。予算10万円であっても、ターゲットを明確にしてキーワードと広告文を適切に設定すれば、予算内で成果を最大化することが可能です。

実際に弊社の実績としても、ご予算10万円内で予約フォームへのボタンクリックをコンバージョン地点とするBtoC企業様案件で、CPA(獲得単価)目標1,000円に対してCPA500円で獲得できたケースがあります。

1ヶ月運用で効果が出たケース

リスティング広告の特徴として、上手くいけば短期で効果が出るという点があげられます。広告審査が通れば最短で当日に配信開始できるケースもあります。

直ぐにWebサイトに集客を行って効果を見たいという場合はリスティング広告であれば可能になります。

弊社の実績でもECの獲得目的の案件にて、1カ月間の運用で目標としていた購入CPA10,000円に対して7,000円程度で獲得できたケースがあります。

リスティング広告は、適切な運用によりその効果を大幅に向上させることができます。以下は、リスティング広告の効果を最大化させるための5つの重要なポイントです。

①ターゲットを絞る

リスティング広告の最大のメリットは、興味・関心が高いユーザーに直接アプローチできる点にあります。そのため、一般的な広告よりも具体的なターゲット層に絞り込むことが可能です。この精密なターゲティングにより、広告の適合性と効果性が高まり、費用対効果を最大化することが可能です。

②出稿エリアを絞る

地域を絞り込むことにより、特定の商圏やターゲットに合わせた広告を展開することが可能です。特に地域密着型ビジネスや地域特有の商品・サービスを提供している場合に有効で、広告費用の効率化にも寄与します。

③広告文にユーザーのベネフィットを示す

リスティング広告の広告文は、ユーザーのクリックを促すための重要な要素になります。そのため、広告文には自社の商品やサービスを利用することで、ユーザーが得られるベネフィット(便益)を明確に示すことが重要です。魅力的な広告文は、ユーザーの興味を引き、クリック率の向上に直結します​。

悪い例と良い例については、下記の広告文の比較が分かりやすいかと思います。

悪い例:「大型家電も回収可能です。」
良い例:「一人では搬出が困難な大型家電もスムーズに回収させていただきますので、大型家電の処分に困っている方のお悩みを解決できます。」

このように、ユーザーにとってのベネフィットは何かというところまで落としこんで、特長を記載しましょう。

④ランディングページを改善する

ユーザーがクリックした後に訪れるランディングページの質も、コンバージョン率に大きな影響を与えます。ランディングページは、広告で訴求した内容と一致し、ユーザーの期待を裏切らない内容である必要があります。

分かりやすいナビゲーションや迅速なページ読み込み、ユーザーのニーズに合ったコンテンツ内容が重要です。

⑤効果測定をしながら効率的な運用を行う

リスティング広告の運用においては、定期的な効果測定と分析が欠かせません。キャンペーンのパフォーマンスを評価し、必要に応じてキーワードの見直しや入札戦略の調整、広告文の最適化を行うことで、広告効果をさらに向上させることができます​。

以上がリスティング広告の効果を最大化するポイントになります。

リスティング広告の運用については下記の記事で詳しく解説しているので、配信中に具体的に対応すべきことが不明瞭であれば確認しておきましょう。

リスティング広告運用とは?実際の運用内容や工数について詳しく解説

リスティング広告が期待通りの成果を上げない場合、その背後にはいくつかの共通点が存在します。ここでは、効果が出ないリスティング広告の共通点とその対策を紹介します。

効果が出るまでに時間がかかるケースもある

リスティング広告は、すぐに結果が出ない場合もあります。3か月から半年の期間を見込み、広告の配信を続けながら改善を繰り返す必要があります。この過程で、CVR(コンバージョン率)やCPA(コンバージョン単価)を最適化し、徐々に成果を上げていくことが大切です。

商材の特性に不適合

世間にまだ認知されていない新しいサービスや商品の場合、リスティング広告の効果が薄いことがあります。これは、対象キーワードでの検索が少なく、検索流入が見込めないためです。新商品や新サービスに関しては、認知拡大を目的とした動画広告やSNS広告の活用など、他のマーケティング手法を組み合わせることが効果的です。

キーワード選定のミスマッチ

効果が出ないリスティング広告の一因として、キーワード選定の失敗が挙げられます。適切なキーワードを選ぶことで、目的とするユーザーに広告を正確に届けることが可能になります。ロングテールキーワードの活用や、競合分析ツールを用いたキーワードの洗い出しが有効です。

ランディングページ(LP)の質の低さ

広告をクリックした後のユーザー体験が悪いと、高い離脱率や低いコンバージョン率に繋がります。LPの内容はユーザーの検索意図に合致しており、直感的なナビゲーションや迅速なページの読み込みを提供する必要があります。

広告文とターゲット設定の最適化不足

ターゲット設定の適切さもリスティング広告の効果に大きく影響します。適切なユーザーへ広告を届けることが重要です。また、広告文はユーザーの興味を引きつける魅力的なものでなければなりません。

Q.リスティング広告で効果を出すためのコツがその他にあれば知りたいです。

A.リスティング広告で効果を出すためには、目的の設定とそれを達成するための戦略立案が重要です。下記の記事を参考にして最適な戦略を立ててみてください。

リスティング広告戦略の全て|競合に打ち勝つ戦略立案の方法を公開!

Q.リスティング広告とSNS広告のどちらを運用すれば良いか迷ってます。どちらが費用対効果が良いですか?

A.実施の目的にも寄るのですが、獲得目的でご予算が目安で月間100万円以内であれば、リスティング広告のみの実施で問題ないです。(キーワードの検索ボリュームにもよります。)

理由としては、リスティング広告はキーワードを検索しているユーザーに配信できるので、顕在層向けの施策であり、SNS広告と比較して獲得の費用対効果が良いためです。

リスティング広告の効果が良い理由や効果を最大化させるポイント、事例について解説しました。

リスティング広告を適切に運用して広告効果の最大化を図りましょう。

株式会社アドカルは主にリスティング広告などのWeb広告やSEO対策での集客に強みを持ったマーケティング支援企業です。

貴社のマーケティングパートナーとして、少数精鋭で担当させていただくので、

「リスティング広告を実施したい」
「リスティング広告の効果を最大化したい」
「外注先のレスポンスが遅い、積極的な提案が無い」

とお悩みの方は、ぜひ弊社にご相談ください。貴社のご相談内容に合わせて、リスティング広告をはじめとするWeb集客施策のご提案をさせていただきます。

Web集客にお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください。