リスティング広告運用とは?実際の運用内容や工数について詳しく解説

 
 

この記事でわかること

  • リスティング広告の具体的な運用方法
  • リスティング広告の予算管理や運用改善のポイント
  • リスティング広告の運用に役立つツール
谷田 朋貴

監修者プロフィール

谷田 朋貴

一橋大学卒業後、伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社、Web専業広告代理店を経て、株式会社電通デジタルに入社。アカウントプランナーとして国内の大手クライアントに対し、運用型広告を中心にデジタル全体のプロモーション施策の戦略立案・実行に従事。2023年12月、株式会社アドカルを創業。

「リスティング広告の運用って何?」
「リスティング広告の日々の具体的な運用内容や工数について知りたい」

という疑問を持たれている方向けにリスティング広告運用の基本や運用内容について解説します。

リスティング広告は、貴社の売上拡大につながる重要な施策です。この記事を読んでいただければ「リスティング広告の運用」についての理解が深まり、リスティング広告運用で成果を出すことができます。

リスティング広告の運用とは、自社の目的を達成するためにGoogleやYahoo!などのリスティング広告の管理画面で実施する調整のことを言います。

リスティング広告は放置してしまうと予算を無駄にしてしまい、期間内の広告停止や効率が悪化するリスクがあるため、日々の運用による改善が求められます。運用には、キーワードの選定や入札価格の調整、広告文の改善などが含まれ、これらを通じて配信の最適化を図ります。

リスティング広告の運用は大きく2つの手法があります。ここからはそれぞれの手法について解説します。

滞りなく配信するための管理業務

リスティング広告の効果的な運用では、継続的な管理業務が必要です。特に、キャンペーンの日々の予算管理は重要です。

運用型広告では、リスティング広告が配信されるたびに費用が発生されるため、設定した予算内で最適な結果を出すための調整が不可欠です​​。例えば、キーワードの入札価格の調整や、広告文の改善を行うことで、配信コストを抑えつつ、クリック率やコンバージョン率の向上を図ります。

目標達成に向けた日々の改善・調整業務

目標達成のためには、継続的な分析と改善が欠かせません。広告のパフォーマンスを定期的に分析し、成果に貢献していないキーワードの停止や、効果の高いキーワードへの予算配分の調整を行います​。

また、ターゲットの絞り込みや、より獲得につながるキーワードの選定により、広告の効率性を高め、より質の高いコンバージョンの獲得に繋げる戦略が有効になります。

ここでは具体的なリスティング広告の運用方法について解説していきます。

リスティング広告を運用する目的と戦略を考える

リスティング広告の運用を開始する上で、まずは達成したい目的を考えましょう。

自社サービスのお問い合わせを増やしたい、商品の購入数を拡大したい、など目的は企業により様々かと思いますが、まずは実施目的を明らかにすることが重要です。そして、その目的を達成するために「誰に何を伝えるか」というリスティング広告の運用戦略を検討しましょう。

アカウントを開設する

目的や戦略が明確になったら、Google広告やYahoo!広告など、リスティング広告を実施するプラットフォームで広告アカウントを開設しましょう。

ご予算が少額でどのプラットフォームを選ぶか迷った場合は、まずはGoogle広告を選択すれば間違いはないです。例えばGoogle広告の場合、Googleアカウントの作成から始め、次にGoogle広告のアカウントを設定する必要があります​。

ターゲットを設定する

広告の成功は、貴社の目的や自社サービスに適した明確なターゲット設定から始まります。ターゲットの明確化は、運用戦略、キーワード選定、広告文作成を行うで必要不可欠です。ターゲットは、地理的な位置、年齢、性別、興味・関心など、さまざまな要素を加味して設定します。

キーワードを選定する

キャンペーンを設定する

キャンペーンを設定する際には、目標、予算、キャンペーンのタイプ、ターゲット地域を定めます。各キャンペーンには、特定の目的(ブランド認知度向上、ウェブサイトへの訪問促進など)を設定し、適切な予算配分を行います。

広告を作成する

魅力的な広告は、ユーザーの注意を引き、クリックを促す重要な要素です。広告文では、ターゲットユーザーの関心を引くメッセージを伝え、アクションを促すようにしましょう。広告は、タイトル、説明文、リンク先URL、広告表示オプションで構成されます。

コンバージョントラッキングを行う

運用の成果を正確に測定するためには、リスティング広告の実施目的に応じて、KPIとなる地点のコンバージョントラッキングを設定することが必須です。これにより、広告がウェブサイト訪問、購入、問い合わせなどの目標行動にどの程度貢献しているかを把握できます。

分析と改善を繰り返す

リスティング広告は一旦配信を開始しても終わりではありません。パフォーマンスを定期的に分析し、改善点を見つけて運用を最適化することが重要です。キーワードの追加や削除、入札戦略の調整、広告文の改善などを行います。

リスティング広告の運用における予算管理や運用改善は、広告の成功に直結する重要な要素です。適切な予算管理や運用改善により、効果的な広告配信を行い、費用対効果を最大化することが可能になります。

日次、週次の予算監視と調整

リスティング広告の予算管理においては、日次や週次での予算の監視と調整が不可欠です。実際に配信された費用を定期的にチェックし、必要に応じて予算の調整を行います。これにより、予算を超過または大幅にショートすることなく、効率的に広告を配信することが可能になります。

キーワードごとの費用対効果を分析

キーワードごとの費用対効果を分析することは、予算配分の最適化に役立ちます。特定のキーワードが高い費用対効果をもたらしている場合、そのキーワードに対する配信を強化することで、全体の成果を向上させることができます。逆に、低い費用対効果の低いキーワードに対しては停止や除外を行って、全体の効果改善を図ります​。

広告文とキーワードの精査

広告文とキーワードの精査は、重要な改善手法です。ターゲットとするユーザーに響く広告文にブラッシュアップし、効果的なキーワードを追加することで、広告のクリック率(CTR)を向上させ、コンバージョン率を高めることが可能になります。これにより、限られた予算内で最大の成果を得ることができます。

継続的なテストと改善

リスティング広告の運用においては、継続的なテストと改善が必要です。異なる広告文やキーワード、入札戦略を試し、最も効果的な組み合わせを見つけ出します。効果的な広告戦略を確立することで、費用対効果を最大化することが可能になります。

リスティング広告の運用方法には大きく分けて「自社での運用(インハウス)」と「運用代行会社での運用」の2つがあります。各方法のメリットやデメリットを踏まえ、自社のリソースや目的に最も適した選択をすることが重要です。

自社での運用(インハウス)

メリット

  • コスト削減: 外部に依頼するよりもコストを抑えることができます。
  • フレキシブルな対応: 自社で直接運用するため、キャンペーンの調整や戦略の変更が迅速に行えます​​​​。
  • 運用ノウハウの蓄積:社内に運用のノウハウが溜まります。

デメリット

  • 知識と経験が必要: 効果的なリスティング広告を運用するためには、専門的な知識と経験が必要です。
  • 運用に時間と労力がかかる: 広告の設定、管理、分析などには相応の時間と労力が必要となります。

運用代行会社での運用

メリット

  • 専門知識を活用できる: リスティング広告に精通した専門家による運用で、高い効果が期待できます。
  • 時間とリソースの節約: 広告運用にかかる手間を代行会社に委ねることで、自社のリソースを他の業務に集中させることができます​。

デメリット

  • コスト: 代行会社への報酬が発生します。高品質なサービスを求めるほど、それに応じたコストがかかります。
  • コントロールの低下: 外部に委ねるため、自社での直接的な管理・調整が難しくなる場合があります。​

続いて、リスティング広告の効率的な運用につながるおすすめのツールをご紹介します。紹介するツールはすべて筆者が実際に利用して、良いなと思ったものばかりです。

私がおすすめのリスティング広告のツール下記の通りです。

ツール名特徴
Google広告エディターYahoo!広告エディター入稿が効率的に実施可能
キーワードプランナーGoogleでのキーワードの検索ボリュームが確認可能
ラッコキーワード関連するキーワードの洗い出しが可能
Shirofune広告運用とレポートを自動化可能
Yahoo! DS.INSIGHTターゲットユーザーの検索キーワードの洗い出しが可能
Dockpitターゲットユーザーの検索キーワードの洗い出しが可能
ahrefs配信キーワードの探査が可能
Googleトレンドキーワードの検索量の増減トレンドが確認可能

Q.少額予算の場合は自社で運用した方が良いですか?

A.少額予算だとなかなか運用代行を受けてくない広告代理店が多いのも事実です。個人的には餅は餅屋だと思っているので、たとえご予算が少額であっても外部の代理店に運用を依頼し、上流のマーケティング全体の最適化に自社リソースを割くというのがベストだと思います。

弊社では少額ご予算のリスティング広告の運用代行も承っております。

Q.リスティング広告とSNS広告のどちらを運用すれば良いか迷ってます。

A.実施の目的にも寄るのですが、獲得目的でご予算が目安で月間100万円以内であれば、リスティング広告のみの実施で問題ないです。(キーワードの検索ボリュームにもよります。)

理由としては、リスティング広告はキーワードを検索しているユーザーに配信できるので、顕在層向けの施策であり、SNS広告と比較して獲得の費用対効果が良いためです。

リスティング広告の運用の基本や、実際の運用方法、自社運用と外注のメリット・デメリットなどについて解説しました。

リスティング広告を適切に運用して広告効果の最大化を図りましょう。


リスティング広告の運用にお困りではないですか?

株式会社アドカルはリスティング広告の運用に強みを持ったマーケティング支援企業です。

貴社のマーケティングパートナーとして、少数精鋭で担当させていただきます。

・リスティング広告を出稿してみたい
・自社で運用しているが、効果が出ないので代理店を探している
・自社内で運用したいがノウハウが無い

上記のようなお悩みをお持ちでしたら是非私たちにご相談ください。株式会社アドカルは貴社のリスティング広告の成果を最大化するために「消費者理解の徹底」と「戦略立案」を大事にしております。詳しくは下記のサービスページをご覧ください。

貴社に最適なプランをご提案させていただきます。